W17 – void

While it’s been relatively warm and nice weather in Berlin, I’m feeling funny and hardly be productive for some reason. I’ve tried playing the guitar, writing notes, and reading books but found myself hard to concentrate for a long time. I occasionally have the feeling but still struggle to go out from the period. Now, I’ve stopped pushing myself, hoping to feeling better at some point.

DSC08083

ここ最近のBerlinは暖かくて、晴れの日が多い – にも関わらず、なんか少し鬱屈とするような、何も手に付かないような気分を日々感じている。
ギターを弾いてみたり、ノートに考えをまとめてみたり、本を読んでみたりするも、どれも長く集中力が続かない。
時々こんな心境になることがあるのだけれど、僕は未だに上手く抜け出す方法が分からない。
とりあえず今は抜け出そうとするのを一度辞め、自然に元気が戻ってくるのを待っている。

 


 

My tune this week

 

Chihei Hatakeyama / Forgotten Hill

 

I don’t listen to his music very often, but this is the best chance to soak in the sound.

普段あまり聞かないけれど、こんな時こんな音が本当に心の底まで響く。

 

 


 

Podcast this week

 

“It took me 20 years, and then finally I met the artist who drew the forest. For me, personally, it was the highlight of this journey. “

 

Stefan carefully chose 3 life-changing animation films for us.

1. Princess Mononoke

 

2. Paprika

 

3. Akira

 

Stefan’s website – Anime Architecture
https://anime-architecture.org

 


Take carte of yourself.

W16 – big vision small steps

Luckily, I’ve got a 4-day shift in a week at the restaurant I’d started working, thought that would financially be helpful, but I was a bit concerned at the same time since I hadn’t worked in a while. Furthermore, I’d got many plans in the same week.

I had a podcast recording, threw a seminar for a company I used to work for, had a jamsession with my friend, and opened a dojo in the early morning instead of my friend who went to a monk’s meeting in Switzerland.

That was a hectic week, indeed.

I started reading a novel for 30 mins before sleep, I even shortened hours of sleep to do so. That helped me relaxed before sleep, and take me into a dream immediately.

 

バタバタした一週間だった。
新しく働き始めたレストランが4連勤のシフトを入れてくれ、助かる、という考えと同時に久しぶりの仕事で大丈夫だろうかという不安が出る。

一週間が始まると、僕が予定した事がその週に集まっていたことに気が付く。

Podcastのレコーディングをし、昔働いていた会社へセミナーを行い、友達とジャムセッションを行い、ベルリンを離れている友人のお坊さんの代わりに早朝に道場を開ける。で、夕方から夜中まで働く。

目紛しい – 本当に目紛しく時間が過ぎていく。

毎晩、寝る時間を少し割いても寝る前に30分、小説を読んでいる。
そのおかげで寝つきよく、穏やかな気分で夢の中に落ちることができる。

 


 

Podcast this week

 

 

Stefan Riekeles (in English) – Producer of Anime Architecture

“Even though you think this is not finished, or this is not nice, I think this is a great drawing or painting, and we should put it on the wall because other people might feel like I do”

Stefan is a producer and a curator of an exhibition called Anime Architecture which presents the drawings and paintings behind prominent animation films including Ghost in the shell and Metropolis. They highlight artists and their artworks at the exhibition but hardly put the titles of the films.

StefanはAnime Architectureというエキシビジョンでプロデューサー/キュレイターとして活動しています。

彼のエキシビジョンには攻殻機動隊やエヴァンゲリオン、手塚治虫のメトロポリスといった有名なアニメ映画の原画が飾られていますが、そこでは映画の名前ではなく、その画を書いたアーティストの名前がメインに挙げられています。

 


 

My tune this week

 

 

a glow in January グローインジャヌアリー

 

Getting back to your everyday practice in the middle of January after all the occasions.

沢山のイベントを終えていつもの日常に戻る一月の中旬。

Improvised session with Jerome

6th JAN 2020 in Berlin

 


 

The topic this week

 

IMG_4384.PNG

 

Screenshot 2020-01-11 at 13.55.33

Qasem Soleimani: Why kill him now and what happens next? [BBC News]

I’ve got notifications about Donald Trump and Iraq everyday.

毎日、ドナルドトランプとイラクに関する通知を受け取る。

 


 

Japanglish this week

 

 

17. Garage Sale ガレージセール

 


 

Ok. I’m now off to the last shift this week. Have a lovely weekend.

W15 – not a resolution but a schedule

I was at home having some meditation for countdown on 31st of December. Fireworks were ceaselessly set outside from the noon of 31st, and it peaked from 11pm till 1am. I could hear ambulances were running around consistently, and found the traffic light destroyed (the photo below) when I walked to my friend’s on 1st of January.

I remember the 1st of January used to be the most special day of a year for me, but I couldn’t find it so special since I was just staying at home, and realised that I was the one made the day so special not the media.

I’ve been still having a quiet new year’s at home, as making a schedule of a year, not a resolution.

 

DSC08068

 

カウントダウンの瞬間、僕は部屋でひとり座禅を組んでいた。
部屋の外では昼頃から花火の音が止まず、午前0時の前後一時間にピークを迎える。
合わせて、救急車の音も鳴り止まない。
翌日元旦、友人の家まで歩いていると壊された信号機を見つける(写真上)。

僕の中で元旦はずっと一年で一番特別な日で、年末が近づくと「本当にあの元旦が来るのか」といつもソワソワしていた。
大人になってもそれは変わらなかったが、今年あまりにも静かに新年を迎えたおかげで、あの”特別感”はあまり感じられなかった。
故に、あの特別感は世間ではなく、自分が自分で作っていたんだな、と気がつく。

今も僕は静かな正月を部屋で過ごしている。
目標ではなく、一年の予定なんかを作ったりしながら。

 


 

The topic this week

 

There has been a massive fire in Australia, almost the size of the fire in Brasil last year. Apparently (and sadly) a third of Koalas in New South Wales have been killed by the fire.

オーストラリアで去年ブラジルで起こったのと同等くらいの大火災が発生している。
記事によると、この地域の1/3のコアラは炎に巻き込まれて死んでしまったらしい。

Screenshot 2020-01-04 at 14.32.54

 


 

The tune this week

 

Kazunori Sugama – you are my waltz

– a warm tune to listen to in a cozy room with the cold weather outside.

 


 

Japanglish this week

 

15. Happy New Year ハッピーニューイヤー

 

16. Trend トレンド

 


 

I’ll come back with the podcast next week – stay tuned.

W14 – party party

I was going to have a relaxing new year’s but turned out I had some parties till the morning. Since I don’t enjoy nightlife so often I totally worn out after having a party overnight and hardly could anything but the preparation for the next party. Yet it’s not very productive, it’s still nice to have friends to spend the occasions in the city together. I’m really grateful for those guys.

I’m writing this on new year’s eve, hearing the fireworks outside.

DSC08066

年末は家でゆっくり過ごすつもりでいたけれど –
何人かの友人が誘ってくれたおかげでパーティーに出掛ける。

夕方から飲み始めて、朝6時にまだ暗いBerlinの街を歩いて帰る。

普段夜遊びをしない僕は、そんな日が二日続くだけで疲弊してしまう。
昼まで寝てもまだ頭はぼーっとしていて、その夜のパーティーに向けて準備したり昼寝する以外、何もできない。

「こんな生活、生産的ではないな」
なんて思うけれど、一年の中のたた数日、この特別な空気を一緒に楽しんでくれる人たちがいることがとても嬉しい。
誘ってくれる友人たちに心から感謝。

大晦日に窓の外の花火の音を聞きながら。
皆さん良い年をお迎えください。

 


 

Podcast

 

Since I couldn’t record an episode this week, I did it my own(in Japanese). This time, I had a talk about one of my life-changing bands – “envy”.

ゲストとの収録ができなかったのでひとり録りをしました。
今回は大好きだったバンド: envyについて話しています。
窓の外の花火の音に合わせて。

 


 

My tune this week

 


 

Happy new year.

W13 – I only have 14€ but

I made a video with the acoustic guitar after more than a year. I got the video done in the 3 days, but I focused on it so much that I hardly did anything else in the 3 days. I’ve been always working on something I was interested like this for the last 3 months since I came to Berlin, and now I realised that everything I’ve got is only 14€. I ran to apply for a Japanese restaurant, wishing to get a job there easily.

To be honest, I’ve been avoiding working at a Japanese restaurant ever since I came out from the country: 4 years, because I thought it was too easy to get a job, either hardly learn anything. However, after I had a trial, I found that was far more challenging than I expected. I started working as a waiter but I even didn’t know how I could hold a tray efficiently. I’m now excited in learning something new.

 

I only have 14€ but…
I could make a video with the guitar because I have a camera and laptop, and my friend lent me the guitar.

I only have 14€ but…
I can enjoy reading books because Amazon Kindle Japan offers a 3-month unlimited plan for 3€.

I only have 14€ but…
I enjoyed a Korean restaurant because my friend invited me.

I only have 14€ but…
I enjoyed a bottle of beer because my flatmate gave one to me.

I only have 14€ but…
I enjoyed open-air live music because a busker was having an awesome performance.

I only have 14€ but…
I can sleep under the sailing fearless.

My life is not bad at all as long as I’m healthy even though I’ve got only 14€.

一年ぶりにギターを使ってビデオを作った。
ビデオを作っていた三日間はビデオ編集以外何もせず、ほとんどの時間を制作に費やしていた。
おかげで「芸は人なり」と言ってもらえるような作品が完成して満足している。

ベルリンに来てから三ヶ月、仕事もせずこうしてその時にやりたいことに没頭したおかげで、お金は徐々に減っていく。
気が付くと、僕の所持金は残り14€という鬼気迫る状況になっていた。
僕は慌てて日本食レストランに履歴書を送って応募する。

海外生活を始めてから約4年、僕は今まで日本食レストランで働くことを避けて来た。
「簡単すぎるんじゃないか」、「学ぶことがないんじゃないか」引いては「わざわざ海外に出てすることじゃない」と思っていた。

しかし、今回切羽詰まったことをきっかけにトライアルを受けてみると、想像していたよりもずっと難しいことに気がつく。
僕は効率的なお盆の持ち方すら分からない。
僕は今までレストランでサーブをしたことがなかったのだろうか?
これから、沢山学ぶことがあると良いなと思う。

 

14€しか持っていないけれど –
友達がギターを貸してくれ、パソコンとカメラがあるので、僕はビデオを作ることができた。

14€しか持っていないけれど –
Amazon Kindle Japanが3ヶ月で299円というキャンペーンを行っていたので読書を楽しんでいる。

14€しか持っていないけれど –
友達がご馳走してくれたのでレストランで美味しい韓国料理をいただいた。

14€しか持っていないけれど –
駅前で素晴らしいパフォーマンスをしている路上ミュージシャンがいたので野外ライブを楽しめた。

14€しか持っていないけれど –
僕は屋根の下で不安なく眠ることができる。

たとえ14€しか持っていなくても、健康である限り、僕の生活は全く悪くない。

 


 

Podcast this week

 

「同じモチーフを一生かけて描き続けた、そういうものを自分自身も探したい」

普段音楽を聞かないというカッキーに、今回はカッキーの大切な絵画三点について聞きました。
上の言葉はモネの睡蓮の魅力について話していた時のものです。
後半にはカッキーが教員として働く高校で行っている、毎年対馬に生徒を連れて行くという活動について話してくれています。

Kacky is a historian as well as a high school teacher in Tokyo. We had a talk about 3 pieces of paintings he loves. They were “Spring” by Jean Francois Millet, “Rain, steam and speed” by William Turner, and “Water Lilies” by Monet. He also told us that he bring students to Tsuchima(South part of Japan) to have a boat trip to Korea every year, to see the differences between those countries with their own eyes.

1. 春 – ミレー
2. 雨、蒸気、速度 – ウィリアム・ターナー
3. 睡蓮 – モネ

 


 

My tune this week

少し切なく心に染みるクリスマスソング。

 


 

Japanglish this week

 


 

Wish you all a very Merry Christmas.

W12 – life is beautiful

A book I read was so good that I put my recorder on and recorded an episode (in Japanese) for the podcast. It was my first recording my own, I found it difficult to put my thoughts in word as they are. The book was in Japanese, the psychology of Abraham Maslow for beginners. By the way, I like the word “view” because I really feel that the scenery looks different physically as well as psychologically once you take another view in.

DSC08053

読んだ一冊の本が素晴らしく、僕はIC レコーダーの電源を入れ、一人で録音する。
一人でPodcastを録音するのは初めてで、思うように感動を表現できない自分の言葉にもどかしさを感じる。
ところで、”視点”という言葉は英語でも日本語でも、物理的な視野と考える角度という精神的な意味での両方で使われる。
良い本を読んだ後、まさしく目の前の光景が角度を変えたように見え、僕は毎回、この感覚に感動を覚える。

 


 

Podcast this week

Kacky (in Japanese) – Historian

「(生徒によく言うのは)朝校門をくぐって学校に入った時と、夜学校から出る時は世の中が違って見えなきゃいけないんだよ」

カッキーは都内の高校で日本史を教える教師であるとともに、日本古代史を研究する歴史家です。

今回は学会でドイツに来たタイミングでPodcastの収録を行いました。

カッキーの研究分野や、学校で生徒に教える時のことなどについて話を聞いています。

Kacky is a historian as well as a high school teacher in Tokyo. He studies ancient Japanese history specialised in its diplomacy, we had a chance to record this episode when he came to Germany for a conference. We had a talk about his research, and his ideas of classes as a teacher.

 


 

My tune this week

 


 

Keep warm.

W11 – tranquil week

Since I caught a cold, I stayed in my room for a whole week. I finished a book which I had reading for a while, sharpened a pencil, recorded sounds outside from a balcony, and so on. My friends visited me twice during the week, and we played music together. I was impressed by that they both brought something to me. Other than their visit, I hardly put music and so the room was so quiet that I could even hear people’s footsteps outside through a window.

DSC08041

風邪を引いたので、一週間部屋で休んでいた。
ずっと読んでいた本を読み終え、鉛筆を削り、外の音をバルコニーから録音したりして一週間を過ごす。

そのうちの二日、友達が僕を尋ねてくれた。
僕たちは一緒に楽器を演奏する。
彼(女)らはどちらも僕に差し入れを持ってきてくれ、そんな気遣いに関心する。

そんな友人たちの訪問を除いて、部屋はずっと静かだった。
僕はほとんど音楽も流さず。
部屋には時々外を歩く人の足音が響く。
僕は静かに時間を過ごしていく。


 

Zen Journey

One of my German friends Thomas Kierok is running a crowdfunding campaign to make a photo book “Zen Journey” capturing the beautiful harmony of zen gardens in Japan. Please visit the project page and support the project if you like it.

ドイツ人写真家のThomas Kierokが四季折々の日本の禅の庭園を撮ってきたフォトブックを作るクラウドファンディングを行っています。
撮られている写真は日本人の琴線に触れるような繊細な写真ばかりです。
写真や内容を見て気に入ったら是非サポートしてみてください。

ce7fbc86d78019a3d6ce4d35fe5b9724_original

Visit the project page

 


 

 

The magic of Japanese lyrics

I uploaded a video of a playlist of Japanese music on YouTube. The genre is varied from hardcore, indie pop, to poetry reading. All the songs are sung in Japanese. Please put the playlist for your background music.

日本語の音楽のミックスで作った動画をYouTubeにアップしました。
ハードコア からポップス、ポエトリーリーディングまで幅広い楽曲が入っています。
新しい日本の音楽を知るきっかけになれたら嬉しいです。

 


 

Podcast

Steve Morris 2/2 (in English) – Bassist / Co-owner at Oslo Kaffebar

“That was infinite fun. Just make your guitar lines, especially when you are really bad, as soon as you can make something sounds even a little bit cool. That was the biggest crazy feeling I’d ever felt.”

 

Steve is a co-owner at Oslo Kaffebar as well as a bassist of Soft Crystals. He talked about the time when he started playing music which he was a university student. After seeing a concert of Biffy Clyro in Scotland, he immediately called his brother to buy guitars. Since then, they moved to Berlin together, work together, and play music together even today. You can find the link to their band below.
Steveはベルリンにあるオスロコーヒーというカフェで働きながら、Soft Crystalsというバンドでベースを弾いています。
「バンドをやる人は有名な人だけだと思ってた」という大学時代に友人のライブ、その友人に連れられた地元スコットランドのバンドの演奏を見て、音楽の演奏を始めることを決めました。
弟とバンドを始めたSteveは、彼と一緒にベルリンへ移り、同じ場所で働き、そして今も一緒にバンドを続けています。

彼らのバンドのウェブサイトは下のリンクから。

Steve’s unforgotten tunes
  1. DJ Shadow / Long stem
  2. Miles Davis / So what
  3. Biffy Clyro / Joy. Discovery. Invention
Links

 

 


 

Japanglish

 


 

師走です。忙しい中あまり無理なさいませんように。

w10 – breakthroughがすぐそこに

My friend has left from my room after two weeks. Looking back, we shares lots of time during the time.

I found a post saying “We’ve got tons of Japanese books to give away”, and so we visited the house. There was an Austrian elderly woman welcoming us, and she told us about the death of her husband and the fact that the books belonged to the Japanese husband. We took some of the books after searching many cartons thoroughly, and invited her to our concert.

We went to some small concerts at a coffee shop, and a cellar to see my friends, and we also made new friends there. For the last five days, we focused on making e a setlist for the concert, and I caught a cold which still blunt my head now.

Then, December has come.

My friend said “I think you should deserve something special soon.” when he left from my room. I’m easily fed up when things are not going well, but if so, I will trust the word and move on as if there is a breakthrough just next to me.

友人はロンドンへ戻って行った。
二週間ぶりの一人の時間に過ぎた時間を反芻する。

「日本の本を無料で引き取ってください」という広告を見て尋ねた高級住宅街にある家で、オランダ人女性の亡くなった旦那さんの話を聞く。

友人の演奏を見に行ったカフェや、地下の鬱屈とした演奏所で知り合ったり再開した人々。

Berlinでの初演奏の為、後半一週間で友人と詰め込んで作り上げたセットリスト。

最後に引いた風邪は、僕の頭を今も鈍らせている。

そうこうしていると、12月になっていた。

「浩毅くんにはそのうち特別なことが起きるように思います」

友人が言ってくれた。

毎日小さな思い通りにいかないことたちにため息をつきたくなる。

でも特別なことが起きるなら、ああだこうだ言うのを辞めてひっそりコツコツやって行こうかな、という気になる。

 


Podcast this week

“Even experiencing sad things is sometimes blessing because you learn how to become more comfortable with reality, and that results you hopefully becoming a fair person”

Steve Morris 1/2 (in English) – Bassist / Co-owner at Oslo Kaffebar

Steve is a bassist of Soft Crystals as well as a co-owner at Oslo Kaffebar in Berlin. We had a talk about how he started his career in a speciality coffee industry in Berlin, a unique trip he had this summer in Japan, including staying at a temple and some small islands with art exhibitions, and our topic gets deeper once we talked about Japanese ambient music.

Contents: (00:08) His career in speciality coffee shops (14:30) His trip in Japan this summer (25:56) Regarding Japanese ambient music (40:58) His ideas about ownership, sharing things, and other things involved in life today

Steveはベルリンのスペシャリティコーヒーショップ「Oslo Kaffebar」で共同経営者として働きながら、Soft Crystalsのベーシストとして活動しています。
会話の中ではスコットランド人のSteveがベルリンのスペシャリティコーヒーショップで働き始めた時のこと、お寺に泊まったり、四国近くの小さな島々を回った初めての日本旅行の話、また、日本のアンビエントミュージックの話をきっかけに「悲しいことや失敗が人を成長させてくれる」という彼の考えに触れることができました。
内容: (00:08) スペシャリティコーヒーのキャリア (14:30) 今年の夏に行った日本での話(25:56) 日本のアンビエントミュージックについて (40:58) シェアやオーナーシップ、その他彼が日常で感じることなど

 

My tune this week

Dreamy tune by my friend: Chuji-san asa Kazuyoshi Nakatsukasa

 


 

Japanglish this week

 


 

Take care of yourself and have a nice week.

W9 – Tough guys don’t dance

47EE1ED3-5E9C-42CC-AD3D-5A8553C556AB

友人が来て一週間が経つ。

迎えに行った空港近くの駅を含め、普段は足が伸びないような場所へ、一つ一つ訪れてみる。

彼の友人と合流し、バーやケバブ、カレーソーセージのお店に行ったり。

今回、Berlinのカフェで来週末にある夜のイベントで、彼と演奏する。

後半戦、そろそろ曲を作り始めないといけないな – というところ。

It’s been a week since my friend came to Berlin from London. We’ve visited some places new here: a Curry Wurst shop, kebab place, bars, and so on. Since his friend was also in Berlin for his business trip, we went some of those places having dinner and drink together. One of my favourite coffee shop here is having an evening event at the end of the month, and we’re playing music at the event. I’m excited in my very first performance in Berlin.

CA6E0280-4211-4827-BC15-B6E7891E2E89.jpeg

Podcast this week

I uploaded 2 episodes this week as below.

 

Hiromitsu 1/2 (in Japanese) – Traveller

「仏教が凄く良いと思うのは花が枯れる中にも美しさを見つけるところとか」

大学卒業後、Curiosityを追って5年間世界中を旅し続けたHiromitsuくん。二年半住んだインドのダラムシャラでは東洋哲学やヨーガ、サンスクリット語の勉強をしてきました。今回旅の終わりの直前に寄ってくれたBerlinで、Hiromitsuくんの旅の中の世界 – 主に仏教について話してくれました。

内容: (0:34) 今回の旅 (4:04) インドでの生活 (17:28) 日本での仏教 (29:29) ベルリンでの生活 (33:09) 詩: 孤独な鳥の五つの条件 / William Blake

Hiromitsu is a traveller, he’s been travelling all over the world to follow his curiosity for more than 5 years since his graduation from college. He also lived in Dharamshala studying yoga, Sanskrit, and eastern philosophy for 2 years and a half. In the conversation, he’s talking about what he’s seen through the travels – especially one of his irreplaceable interests: Buddhism.

Contents: (0:34) The travels (4:04) His life in India (17:28) Buddhism in Japan today (29:29) His life in Berlin(33:09) Poetry: The conditions of a solitary bird / Auguries innocence

Hiromitsu 2/2 (in Japanese) – Traveller

「音楽の良いところはその人の生き様が現れていて、言葉を超えてるよね」

 

後半はギターを弾きながら世界を回ったHiromitsuくんに選んでもらった3つの大切な音楽についてです。
(0:18)「演奏家がその人の経験や技術をもって自由を謳歌している」と感じたPharoah Sandersの楽曲。(8:54)自分の故郷: 三島の民謡は演奏と解説を交えて。(24:04)最後は人間だけでなく、自然も音楽を奏でてているんだと感じた海の音についてです。
Hiromitsu, the traveller, has always had the guitar with him all the way of his trip. His choice of 3 tubes are varied from a live session of Pharaoh Sanders, which he thought the notes of freedom, a folk song from his village, he sang the song with the guitar, to sound of the sea that he found not only people make music but the nature as well.
Hiromitsu’s unforgotten tunes
  1. Pharaoh Sanders / You’ve got to have freedom 
  2. Noe-bushi (a folk song of Mishina)
  3. Sound of the nature

12997F6B-6CB6-4F5B-827A-613B98F0D92A

Japanglish this week
Take care of yourself.

W8 – Enjoy yourself

Since my friend left my place, I’ve been living my own in a room. That sounds natural, but come to think of it, I’ve always been living with my friends for the last 2 months, and I found it very refreshing.

I went to a yoga studio before dawn to clean for my friend who is visiting Japan, went to a city center to register my address at dusk. I hardly talked to anyone neither listened to music, it was so cold that I could see my breath.

At home, I polish up my Macbook throughly which I’ve owned for the last 5 years, and read book in bed at night. The time I spend alone makes me the way I am after all.

The other of my friend is coming from London today, and so next time I have an alone time is in 2 weeks. It will’ve been December by then.

友人が家を離れてから、一人で寝起きする生活が始まる。
当たり前のはずが、とても新鮮に感じる。
思えばBerlinに来る前から、友人たちと常に生活してきた。
最後に一人部屋で静かに生活をしたのは、もう二ヶ月以上も前の話になる。

一日、ほぼ誰とも話さない。
朝日が出る前に、一時帰国している友人に頼まれたヨガスタジオの掃除に出かけたり。
夕方、市役所まで住所登録をしに行ったり。
音楽も点けず、白い息で自分に語りかける。

家ではMacbookを磨き上げたりして生活を整える。
思えば、5年も使わせてもらっているもんな。
そして夜は読書が僕の理解を広げてくれる。

結局は、一人の時間が僕を僕たらしめてくれる。
今日から、また友人が遊びにくる。
次にこうして一人で時間を過ごせるのは二週間後。
もうその頃、11月は終わり、12月が始まっている。

DSC08006


Podcast this week

Thomas (in English) – Photographer

kierok

Listen on iTunes, Spotify, or WEB

Thomas is a freelance photographer in Berlin. While he used to work more on commercial projects, his focus is now on people as well as his artistic projects.

His latest project “HUNDERT” showed how people’s faces differ in ages by taking photos of 100 people in different ages at the same angle. And now, he’s working on a new project “ZEN GARDEN”, a compilation of the beauty of Japanese gardens which he started 4 years ago when he went to Japan for the first time.

Although he’s a photographer with almost 30 years of experience, he’s still passionated about taking photos today. To see his work, please find a link to his website below.

Contents: (8:56) Regarding his latest project “HUNDERT” / (16:14) Regarding his new project “ZEN GARDEN” / (35:53) Regarding his musical experiences

Thomasは約30年ベルリンで活動しているフリーのフォトグラファーです。
有名な人から一般の人まで、幅広い被写体のポートレイトを撮ることを中心に活動しています。

彼の最新作「HUNDERT」では、1歳から100歳まで100人の人の顔を同じアングルから撮影することにより、年齢による顔の変化を一冊の中に集めました。
現在彼が進行しているプロジェクト「ZEN GARDEN」は彼が初めて日本に行った4年前から始まります。

会話の中では、プロジェクトを始めるきっかけになった偶然の出来事や、30年撮り続けても未だに楽しみを見出している写真について語ってくれています。

内容: (8:56) 最新作 “HUNDERT” について / (16:14) 現在進行中の作品 “ZEN GARDEN” について / (35:53) 音楽について

Thomas’s website: http://www.kierok.de

Thomas’s unforgotten tunes
The Beatles – Let it be
Chilly Gonzales – Dot
Avi Avital – Bach
Herbert Grönemeyer – Bochum

My tune this week

Japanglish this week

Keep yourself warm