W12 – life is beautiful

A book I read was so good that I put my recorder on and recorded an episode (in Japanese) for the podcast. It was my first recording my own, I found it difficult to put my thoughts in word as they are. The book was in Japanese, the psychology of Abraham Maslow for beginners. By the way, I like the word “view” because I really feel that the scenery looks different physically as well as psychologically once you take another view in.

DSC08053

読んだ一冊の本が素晴らしく、僕はIC レコーダーの電源を入れ、一人で録音する。
一人でPodcastを録音するのは初めてで、思うように感動を表現できない自分の言葉にもどかしさを感じる。
ところで、”視点”という言葉は英語でも日本語でも、物理的な視野と考える角度という精神的な意味での両方で使われる。
良い本を読んだ後、まさしく目の前の光景が角度を変えたように見え、僕は毎回、この感覚に感動を覚える。

 


 

Podcast this week

Kacky (in Japanese) – Historian

「(生徒によく言うのは)朝校門をくぐって学校に入った時と、夜学校から出る時は世の中が違って見えなきゃいけないんだよ」

カッキーは都内の高校で日本史を教える教師であるとともに、日本古代史を研究する歴史家です。

今回は学会でドイツに来たタイミングでPodcastの収録を行いました。

カッキーの研究分野や、学校で生徒に教える時のことなどについて話を聞いています。

Kacky is a historian as well as a high school teacher in Tokyo. He studies ancient Japanese history specialised in its diplomacy, we had a chance to record this episode when he came to Germany for a conference. We had a talk about his research, and his ideas of classes as a teacher.

 


 

My tune this week

 


 

Keep warm.

W11 – tranquil week

Since I caught a cold, I stayed in my room for a whole week. I finished a book which I had reading for a while, sharpened a pencil, recorded sounds outside from a balcony, and so on. My friends visited me twice during the week, and we played music together. I was impressed by that they both brought something to me. Other than their visit, I hardly put music and so the room was so quiet that I could even hear people’s footsteps outside through a window.

DSC08041

風邪を引いたので、一週間部屋で休んでいた。
ずっと読んでいた本を読み終え、鉛筆を削り、外の音をバルコニーから録音したりして一週間を過ごす。

そのうちの二日、友達が僕を尋ねてくれた。
僕たちは一緒に楽器を演奏する。
彼(女)らはどちらも僕に差し入れを持ってきてくれ、そんな気遣いに関心する。

そんな友人たちの訪問を除いて、部屋はずっと静かだった。
僕はほとんど音楽も流さず。
部屋には時々外を歩く人の足音が響く。
僕は静かに時間を過ごしていく。


 

Zen Journey

One of my German friends Thomas Kierok is running a crowdfunding campaign to make a photo book “Zen Journey” capturing the beautiful harmony of zen gardens in Japan. Please visit the project page and support the project if you like it.

ドイツ人写真家のThomas Kierokが四季折々の日本の禅の庭園を撮ってきたフォトブックを作るクラウドファンディングを行っています。
撮られている写真は日本人の琴線に触れるような繊細な写真ばかりです。
写真や内容を見て気に入ったら是非サポートしてみてください。

ce7fbc86d78019a3d6ce4d35fe5b9724_original

Visit the project page

 


 

 

The magic of Japanese lyrics

I uploaded a video of a playlist of Japanese music on YouTube. The genre is varied from hardcore, indie pop, to poetry reading. All the songs are sung in Japanese. Please put the playlist for your background music.

日本語の音楽のミックスで作った動画をYouTubeにアップしました。
ハードコア からポップス、ポエトリーリーディングまで幅広い楽曲が入っています。
新しい日本の音楽を知るきっかけになれたら嬉しいです。

 


 

Podcast

Steve Morris 2/2 (in English) – Bassist / Co-owner at Oslo Kaffebar

“That was infinite fun. Just make your guitar lines, especially when you are really bad, as soon as you can make something sounds even a little bit cool. That was the biggest crazy feeling I’d ever felt.”

 

Steve is a co-owner at Oslo Kaffebar as well as a bassist of Soft Crystals. He talked about the time when he started playing music which he was a university student. After seeing a concert of Biffy Clyro in Scotland, he immediately called his brother to buy guitars. Since then, they moved to Berlin together, work together, and play music together even today. You can find the link to their band below.
Steveはベルリンにあるオスロコーヒーというカフェで働きながら、Soft Crystalsというバンドでベースを弾いています。
「バンドをやる人は有名な人だけだと思ってた」という大学時代に友人のライブ、その友人に連れられた地元スコットランドのバンドの演奏を見て、音楽の演奏を始めることを決めました。
弟とバンドを始めたSteveは、彼と一緒にベルリンへ移り、同じ場所で働き、そして今も一緒にバンドを続けています。

彼らのバンドのウェブサイトは下のリンクから。

Steve’s unforgotten tunes
  1. DJ Shadow / Long stem
  2. Miles Davis / So what
  3. Biffy Clyro / Joy. Discovery. Invention
Links

 

 


 

Japanglish

 


 

師走です。忙しい中あまり無理なさいませんように。

w10 – breakthroughがすぐそこに

My friend has left from my room after two weeks. Looking back, we shares lots of time during the time.

I found a post saying “We’ve got tons of Japanese books to give away”, and so we visited the house. There was an Austrian elderly woman welcoming us, and she told us about the death of her husband and the fact that the books belonged to the Japanese husband. We took some of the books after searching many cartons thoroughly, and invited her to our concert.

We went to some small concerts at a coffee shop, and a cellar to see my friends, and we also made new friends there. For the last five days, we focused on making e a setlist for the concert, and I caught a cold which still blunt my head now.

Then, December has come.

My friend said “I think you should deserve something special soon.” when he left from my room. I’m easily fed up when things are not going well, but if so, I will trust the word and move on as if there is a breakthrough just next to me.

友人はロンドンへ戻って行った。
二週間ぶりの一人の時間に過ぎた時間を反芻する。

「日本の本を無料で引き取ってください」という広告を見て尋ねた高級住宅街にある家で、オランダ人女性の亡くなった旦那さんの話を聞く。

友人の演奏を見に行ったカフェや、地下の鬱屈とした演奏所で知り合ったり再開した人々。

Berlinでの初演奏の為、後半一週間で友人と詰め込んで作り上げたセットリスト。

最後に引いた風邪は、僕の頭を今も鈍らせている。

そうこうしていると、12月になっていた。

「浩毅くんにはそのうち特別なことが起きるように思います」

友人が言ってくれた。

毎日小さな思い通りにいかないことたちにため息をつきたくなる。

でも特別なことが起きるなら、ああだこうだ言うのを辞めてひっそりコツコツやって行こうかな、という気になる。

 


Podcast this week

“Even experiencing sad things is sometimes blessing because you learn how to become more comfortable with reality, and that results you hopefully becoming a fair person”

Steve Morris 1/2 (in English) – Bassist / Co-owner at Oslo Kaffebar

Steve is a bassist of Soft Crystals as well as a co-owner at Oslo Kaffebar in Berlin. We had a talk about how he started his career in a speciality coffee industry in Berlin, a unique trip he had this summer in Japan, including staying at a temple and some small islands with art exhibitions, and our topic gets deeper once we talked about Japanese ambient music.

Contents: (00:08) His career in speciality coffee shops (14:30) His trip in Japan this summer (25:56) Regarding Japanese ambient music (40:58) His ideas about ownership, sharing things, and other things involved in life today

Steveはベルリンのスペシャリティコーヒーショップ「Oslo Kaffebar」で共同経営者として働きながら、Soft Crystalsのベーシストとして活動しています。
会話の中ではスコットランド人のSteveがベルリンのスペシャリティコーヒーショップで働き始めた時のこと、お寺に泊まったり、四国近くの小さな島々を回った初めての日本旅行の話、また、日本のアンビエントミュージックの話をきっかけに「悲しいことや失敗が人を成長させてくれる」という彼の考えに触れることができました。
内容: (00:08) スペシャリティコーヒーのキャリア (14:30) 今年の夏に行った日本での話(25:56) 日本のアンビエントミュージックについて (40:58) シェアやオーナーシップ、その他彼が日常で感じることなど

 

My tune this week

Dreamy tune by my friend: Chuji-san asa Kazuyoshi Nakatsukasa

 


 

Japanglish this week

 


 

Take care of yourself and have a nice week.

W9 – Tough guys don’t dance

47EE1ED3-5E9C-42CC-AD3D-5A8553C556AB

友人が来て一週間が経つ。

迎えに行った空港近くの駅を含め、普段は足が伸びないような場所へ、一つ一つ訪れてみる。

彼の友人と合流し、バーやケバブ、カレーソーセージのお店に行ったり。

今回、Berlinのカフェで来週末にある夜のイベントで、彼と演奏する。

後半戦、そろそろ曲を作り始めないといけないな – というところ。

It’s been a week since my friend came to Berlin from London. We’ve visited some places new here: a Curry Wurst shop, kebab place, bars, and so on. Since his friend was also in Berlin for his business trip, we went some of those places having dinner and drink together. One of my favourite coffee shop here is having an evening event at the end of the month, and we’re playing music at the event. I’m excited in my very first performance in Berlin.

CA6E0280-4211-4827-BC15-B6E7891E2E89.jpeg

Podcast this week

I uploaded 2 episodes this week as below.

 

Hiromitsu 1/2 (in Japanese) – Traveller

「仏教が凄く良いと思うのは花が枯れる中にも美しさを見つけるところとか」

大学卒業後、Curiosityを追って5年間世界中を旅し続けたHiromitsuくん。二年半住んだインドのダラムシャラでは東洋哲学やヨーガ、サンスクリット語の勉強をしてきました。今回旅の終わりの直前に寄ってくれたBerlinで、Hiromitsuくんの旅の中の世界 – 主に仏教について話してくれました。

内容: (0:34) 今回の旅 (4:04) インドでの生活 (17:28) 日本での仏教 (29:29) ベルリンでの生活 (33:09) 詩: 孤独な鳥の五つの条件 / William Blake

Hiromitsu is a traveller, he’s been travelling all over the world to follow his curiosity for more than 5 years since his graduation from college. He also lived in Dharamshala studying yoga, Sanskrit, and eastern philosophy for 2 years and a half. In the conversation, he’s talking about what he’s seen through the travels – especially one of his irreplaceable interests: Buddhism.

Contents: (0:34) The travels (4:04) His life in India (17:28) Buddhism in Japan today (29:29) His life in Berlin(33:09) Poetry: The conditions of a solitary bird / Auguries innocence

Hiromitsu 2/2 (in Japanese) – Traveller

「音楽の良いところはその人の生き様が現れていて、言葉を超えてるよね」

 

後半はギターを弾きながら世界を回ったHiromitsuくんに選んでもらった3つの大切な音楽についてです。
(0:18)「演奏家がその人の経験や技術をもって自由を謳歌している」と感じたPharoah Sandersの楽曲。(8:54)自分の故郷: 三島の民謡は演奏と解説を交えて。(24:04)最後は人間だけでなく、自然も音楽を奏でてているんだと感じた海の音についてです。
Hiromitsu, the traveller, has always had the guitar with him all the way of his trip. His choice of 3 tubes are varied from a live session of Pharaoh Sanders, which he thought the notes of freedom, a folk song from his village, he sang the song with the guitar, to sound of the sea that he found not only people make music but the nature as well.
Hiromitsu’s unforgotten tunes
  1. Pharaoh Sanders / You’ve got to have freedom 
  2. Noe-bushi (a folk song of Mishina)
  3. Sound of the nature

12997F6B-6CB6-4F5B-827A-613B98F0D92A

Japanglish this week
Take care of yourself.

W8 – Enjoy yourself

Since my friend left my place, I’ve been living my own in a room. That sounds natural, but come to think of it, I’ve always been living with my friends for the last 2 months, and I found it very refreshing.

I went to a yoga studio before dawn to clean for my friend who is visiting Japan, went to a city center to register my address at dusk. I hardly talked to anyone neither listened to music, it was so cold that I could see my breath.

At home, I polish up my Macbook throughly which I’ve owned for the last 5 years, and read book in bed at night. The time I spend alone makes me the way I am after all.

The other of my friend is coming from London today, and so next time I have an alone time is in 2 weeks. It will’ve been December by then.

友人が家を離れてから、一人で寝起きする生活が始まる。
当たり前のはずが、とても新鮮に感じる。
思えばBerlinに来る前から、友人たちと常に生活してきた。
最後に一人部屋で静かに生活をしたのは、もう二ヶ月以上も前の話になる。

一日、ほぼ誰とも話さない。
朝日が出る前に、一時帰国している友人に頼まれたヨガスタジオの掃除に出かけたり。
夕方、市役所まで住所登録をしに行ったり。
音楽も点けず、白い息で自分に語りかける。

家ではMacbookを磨き上げたりして生活を整える。
思えば、5年も使わせてもらっているもんな。
そして夜は読書が僕の理解を広げてくれる。

結局は、一人の時間が僕を僕たらしめてくれる。
今日から、また友人が遊びにくる。
次にこうして一人で時間を過ごせるのは二週間後。
もうその頃、11月は終わり、12月が始まっている。

DSC08006


Podcast this week

Thomas (in English) – Photographer

kierok

Listen on iTunes, Spotify, or WEB

Thomas is a freelance photographer in Berlin. While he used to work more on commercial projects, his focus is now on people as well as his artistic projects.

His latest project “HUNDERT” showed how people’s faces differ in ages by taking photos of 100 people in different ages at the same angle. And now, he’s working on a new project “ZEN GARDEN”, a compilation of the beauty of Japanese gardens which he started 4 years ago when he went to Japan for the first time.

Although he’s a photographer with almost 30 years of experience, he’s still passionated about taking photos today. To see his work, please find a link to his website below.

Contents: (8:56) Regarding his latest project “HUNDERT” / (16:14) Regarding his new project “ZEN GARDEN” / (35:53) Regarding his musical experiences

Thomasは約30年ベルリンで活動しているフリーのフォトグラファーです。
有名な人から一般の人まで、幅広い被写体のポートレイトを撮ることを中心に活動しています。

彼の最新作「HUNDERT」では、1歳から100歳まで100人の人の顔を同じアングルから撮影することにより、年齢による顔の変化を一冊の中に集めました。
現在彼が進行しているプロジェクト「ZEN GARDEN」は彼が初めて日本に行った4年前から始まります。

会話の中では、プロジェクトを始めるきっかけになった偶然の出来事や、30年撮り続けても未だに楽しみを見出している写真について語ってくれています。

内容: (8:56) 最新作 “HUNDERT” について / (16:14) 現在進行中の作品 “ZEN GARDEN” について / (35:53) 音楽について

Thomas’s website: http://www.kierok.de

Thomas’s unforgotten tunes
The Beatles – Let it be
Chilly Gonzales – Dot
Avi Avital – Bach
Herbert Grönemeyer – Bochum

My tune this week

Japanglish this week

Keep yourself warm

W7 – 達者で – take care of yourself

一週間、僕の部屋には友達が住み着いていた。
一週間前にパブで出会った日本人だ。

彼は旅に出たり日本に帰ったりという生活を5年続け、インドでは2年半住み、仏教と東洋哲学、サンスクリット語を勉強していたという。

トレンドでも、スキルやキャリアの為でもなく、ただ、ただcuriosityを追う様子が自由で、人は大人になっても、こんなに好奇心に対して素直でいられるのか、と思わされた。

良い音楽に囲まれ
部屋にあるナウシカを読み合い
夜半まで話し
久しぶりのタバコをもらい
そんな一週間が過ぎ

「浩毅くん、達者で」
旅立ちの早朝
最後の最後まで仏教の言葉で締めるのか。

My friend stayed at my room for a whole week, who I just met at a pub a week ago. He is a Japanese, having travelled on and off for 5 years. He also lived in India for 2 yeas and a half studying Buddhism, Eastern philosophy, and Sanskrit.

He’s been studying hard, not for skills, career, or trend but he’s just followed his curiosity. It was inspiring, I was amazed by how sincere an adult person could be to just follow their curiosity.

We were surrounded by nice music, reading Nausicaa, kept talking until midnight, shared his cigarette. And an early morning, his departure –  he said his farewell, even the word was from Buddhism.

DSC07959

His website: なはそなり nawasonari

d91fbb_442b2045ac5d40098997be7a1bdaa0a2~mv2_d_3198_1848_s_2

無理をすることなく、君がいてくれたら色んな人が救われるように思う。

Stay the way you are, then you will inspire many others around you.


Podcast this week
「(Steve Albini)はインディペンデントなミュージシャンが兼業でもなんでも活動を続けるということに対して勇気を与えてくれた」
日本では長くベーシスト として活動していたTakeshiさん、ベルリンでアーティストとして活動する奥さんのAiさんと一緒に遊びに来てくれました。
1980年生まれ、CD世代だからこそ通ってきた音楽の楽しみからを交えて、彼らの音楽体験を一緒に見ていきましょう。
Takeshi and Ai are a couple moved to Berlin from Japan 2 years ago. Takeshi lived in Tokyo as a bassist for a long time before they came to Berlin, he talked about his influences from Steve Albini, Brian Blade, and Janka Nabay as well as his musical experiences with CDs at his young age.
Takehi’s unforgotten tunes
Nina Nastasia – Roadkill (Recorded by Steve Albini)

Brian Blade and the fellowship band

Janka Nabay – Sanata Monica


My tune this week

I think I’ve become more into music.


Japanglish this week

Have a lovely week / See you in a week.

W6 – Thanks to the tiny room

Podcast: Btte – bring the tune everywhere

Guest: Jack (Music producer)

I’ve come back to podcast with a new concept after a short hiatus. I will have a talk to a guest every weekend in Japanese and English one after the other. The guests will share their “unforgotten tunes” and their stories behind the music.

My first guest is Jack – he is an executive producer at Sony Classical International in Berlin. He loves classical music since he was a child. He wanted to be involved in a music industry in some way but not as a performer, so he studied Musicology in Edinburgh, and now he works as a producer with musicians he loves. In the conversation, he shared his love towards his job, music, and the city.

The links to his unforgotten tunes are following. If you enjoy it, please leave a review and comment on the podcast page.

約二ヶ月の休憩を挟み、Podcastを新しいコンサプトで再開させました。
今回からはゲストの「忘れられない音楽」をテーマに、英語と日本語を交互に、毎週末に更新していきます。

Podcastを一新した最初のゲストはベルリンでソニーのクラシックレーベルに勤めるJackです。
彼はプロデューサーとして、自分の愛するミュージシャン達と作品を作っています。
幼い頃から音楽が大好きだったにもかかわらず、パフォーマーとしてではなくプロデューサーとして音楽に関わることを決めた彼の仕事や音楽に対する愛が存分に話されています。
Jack’s unforgotten tunes

Hughe Ashton’s Ground

Radiohead – Exit Music

Teodor Currentzis – Teodor Currentzis records Don Giovanni


My life in Berlin – W6

As I’d heard before, finding a room in Berlin was desperate. I sent 10 – 20 emails every day but had hardly replied and never got any viewing. Luckily, I had a friend who was looking for a tenant so I ended up moving to her place.

I finally managed to leave the tiny room at the monk’s. It was just a month but I felt as if it was a half year or so. I suddenly felt so drowsy after I moved to the new place. I crawled into bed and I slept lik a log.

I already miss the time with the monk and his family, his kids, but it’s the time to take next action with the experience I had there and the ideas I learned from them.

「ベルリン、部屋全然見つからないよ」
そんな話を聞いていた通り、いざ部屋探しを初めてみると全く手応えがない。
内見希望のメールを毎日十数件送っても返信がほとんど来なかった。
「こんなんで、部屋が見つかるのだろうか」
そんな不安に覆われた頃、友人が部屋に入ってくれる人を探していると声を掛けてくれた。

その縁のおかげで、ようやく僕はお坊さんの家を卒業することができる。
彼の家には一ヶ月しかいなかったのに、既に半年くらい滞在していたように感じている。
引っ越しを終えた瞬間、安心感からか、それとも新しいtermの不安からか、急に強い眠気に襲われる。
運んできた荷物は放置。なんとかベッドまで這い上がり、気絶したように深い眠りに落ちる。

朝から晩まで騒がしかったお坊さんと彼らの子供たちとの生活を既に寂しく感じながら、その経験で学んだことを活かし、自分なりの生活を広げていきたいと思う。

DSC07956


My tune this week

I heard the musical instrument “Daxophone” from my friend. The instrument was invested by a musician Hans Reichel. Apparently, he’s passed away but a Japanese musician Kazuhisa Uchihashi who was playing with Reichel introduces the instrument today. The sound is very unique – I felt as if I got lost in the forest and found animals having a party.

Musicianの友人にDaxophone(ダクソフォン)という新しい楽器を開発したHans Reichelという方の話を聞かせてもらいました。
現在その方は他界し、一緒に活動していた内橋和久さんが継承してビデオで楽器の説明などをしているそうです。
演奏の音は森の中に迷い込んで動物達が談笑しているのを見つけてしまったような – 人間の知らない愉快な世界を覗き見たような光景が広がっています。


Japanglish this week

Keep warm yourself, and have a lovely week.

W5 – being nice 事件

My life this week

パートタイムの仕事を始めて、当面の生活を安定させようという考えが生まれた。
今まで回った15件くらいのコーヒーショップの中から、一つ、お気に入りのローカルのコーヒーショップに行き、オーナーに相談してみる。
「パートタイムで仕事をしたいと思ってるんだ」
ちょっと待って、と言われる。
10分後、「少し話そう」と外の席に促される。

「どれくらい働きたいの?」
「バリスタの経験はどれくらいなの?」
基本的なことをいくつか聞いた後、彼は僕に言う。

「このコーヒーショップでは、本当に良い人にしか働いて欲しくないんだ。
アヴェレージの良い人ではなく、本当に、良い人の中の、良い人。
コーヒーのスキルはいずれ向上するから大切じゃない。
一日考えて欲しい。自分にその自信があるのか。
一日考えて、また連絡して欲しい」

「分かった、ありがとう」と僕はお店を離れる。
お店を離れて、考えてしまった。
『僕は本当に良い人間であるんだろうか。』

以前はそれについて自信があった。
自分はスマートじゃなくても、良い人ではある。
でも今はどうなんだろう。

海外で舐められないように緊張して –
自分のプライドを優先して –
他人と比較される中で焦って –
良い人であることを失いかけてたんじゃないだろうか。

その日、結局僕は午前3時まで考えて眠れなかった。
考えた挙句、僕は彼に「できる」と返信し、翌日にトライアルを受けた。

トライアルの結果彼は僕と働きたいと言ってくれ、僕も彼の仕事のアティチュードに魅入って、是非一緒に働きたいと再度話した。

改めて、僕は良い人でいたい。
始めて会った人が、「こんな人いるんだ」と驚いて、その人の価値観を変えてしまうくらい –
それくらい、良い人になりたい。

ベルリンに来て出会った人たち – セルフレスなお坊さんや今回の店長、そして純粋な子供たち –
彼らを見て、今なら戻れるんじゃないかと思った。
もしかすると、今僕はもう一度良い人間になれるターニングポイントにいるんじゃないだろうか。

I’ve got an idea of having a part-time job at the moment for a stable income. I chose one small local shop from the 15 coffee shops I’d visited, and asked the owner about the vacancy there. He led me to have a seat outside and talked for a couple minutes. He asked me a couple of basic things – how long I want to work, how long I’ve worked as a barista. After a pause, he stared at my eyes and said.

“I’d only like to work with really nice people. Not average, a nice person of nice people. How skilled you are is not a priority since you will develop if you have a proper practice. So please have a think that, whether you are confident of that. Please have a think for a day and text me.”

I thanked him and left the coffee shop. Then I started thinking whether I’m a nice person or not. I used to be confident of that – but I wonder if I’m still so. I’ve kind of lost the confidence struggling with living outside my home country and trying to be competitive among the international people. I kept thinking about it until 3 in the morning and replied to him that I’m confident with that.

I had a trial shift and he told me he wants to work with me – I also loved his attitude towards customers and coffee and that made me even more willing to work with him at the shop. After the event, I knew I’d like to be a nice person, as selfless as even I could influence someone’s ideas of their life.

I’ve been meeting really nice people – the owner, the monk, and the kids who are truly pure and nothing crafty behind. And now, come to think of it, this is a turning point to change my concept of personality as well as my life.

DSC07908


My track this week

今回のトラックは行きつけのOslo Kaffee Barで流れていたPrivate Lessonのトラックです。
Ownerが最近日本に行き、渋谷のレコード屋に行った際にこの曲が流れていたそうです。

The track this week is a song from Private Lesson that I heard at one of my favourite coffee shops: Oslo Koffee Bar. The owner recently visited Tokyo and heard this song when he entered a record shop in Shibuya.


Japanglish this week

Thank you for following my work – see you next week. Have a lovely weekend.

W4 – お坊さんとその家族との生活 life with a Buddhism monk and his family

ベルリンに引っ越してきて四週間が過ぎようとしていますが、その内の約半分は風邪で寝込んでいました。
幸運なことに家に住ませてくれる友人がいるので、僕は今そこで生活しています。
彼はお坊さんで、奥さんと、4人の子供と一緒に生活しています。
僕にとってはお坊さんと住むのも、子供と生活するのも初めての経験です。

彼は毎朝早くに座禅のセッションをしているので、僕は時々そのセッションに参加します。
毎朝毎晩、僕らは基本一緒にご飯を食べ、「いただきます」の前にはお経を唱えます。
食事は基本ヴィーガンですが、時々出汁を取るために魚が使われます。お肉が入ることはありません。
ある日、僕はロンドンから来た友人と彼女の部屋でご飯を食べることになりました。
普段お肉を食べられないので、ここぞとばかりにソーセージをいくつか買って調理します。
美味しかったのですが、ちょっと重くて、少し胸焼けしてしまいました。
自分がヴェジタリアンになるとは考えたこともなかったのですが、3週間の食生活は僕の食の嗜好を変えてしまったようです。

前述の通り僕は二週間ほど寝込んでいたため、あまりまだ街を回れていません。
それでも行きたいと思っていたコーヒーショップは10個以上訪れ、友人や子供たちと3つのミュージアムに行きました。
でもまだコンサートには行けていません。
Max Cooperのチケットをとても買いたいのですが、求職中の僕に30€のチケットは手が出せませんでした。

風邪で長い期間寝込みましたが、友人のお坊さんとその家族のおかげで良いスタートが切れ、やっと新しい生活の始まりを実感しています。

このウェブサイトは養生中に作りました。
ブログはなるべく週一度更新していきます。
でも英語、日本語両方で買いているので、毎回こんなに長く書けるかは分かりません。
元々は英語だけで書くつもりでしたが、ベルリンの美術館の説明文が全てバイリンガル で美しかったので、触発され、僕も両方で記事を書こうと思いました。
Podcastも、新しいコンセプトで日本語と英語を混ぜ、来週末くらいから再開させたら良いと考えています。
まだ四週間ですが、今のところ良い感じです。
皆さんも体に気をつけ。また来週。

(英語で元の文を書いた後に日本語に直して打っていますが、すごく丁寧で違和感が残ります。来週は逆でやってみます)

===

W4

I have just moved to Berlin 4 weeks ago, and I was staying in bed for a half of the time due to being cold. Luckily, I had a friend letting me stay at his place at the moment. He is a Buddhism monk, and lives with his wife and 4 kids. I’d never lived with either kids or monk in my life.

He has a meditation session every early morning, so I sometimes participate it. We basically eat together every morning  and evening and we chant before start eating. The food is mostly vegan, sometimes tiny fish for “dashi” (fish broth) but never meat. One day I had supper with my friends who came to Berlin from London, and as I usually don’t eat any meat, I bought some sausages for the supper. It was tasty, but I actually felt the sausages greasy at the same time. I wouldn’t think myself becoming a veggie, but the 3-week diet changed my taste in food.

As I mentioned above, I was in bed for a couple weeks and so I haven’t many chances to explore the city yet. But I’ve already visited more than 10 coffee shops from my list and 3 museums with my friends and the kids. No concert yet, I really want to buy a ticket of Max Cooper, but 30€ is not affordable while I’m between jobs now.

Even though I had a big cold and stayed in bed for a long time, I had a nice start to my life in Berlin thanks to the family. I’m now feeling the beginning of a new chapter of my life.

This is a website I built while I was in bed. I’ll try to post a blog once a week, but I’m not sure if I can keep the contents as long as this since I’m writing it in both Japanese and English. I was thinking about posting a blog in only English, but I changed my mind because all the descriptions at museums in Berlin were bilingual. It was beautiful, inspiring for me. Also, I’d like to restart my podcast with a new concept, mix between English and Japanese as well. Hopefully I can start it next weekend. Anyway, so far so good. Thank you for your time reading my post. All the best,

===