W21 – InTRoVERt

My friend Steve invited me to his coffee shop for breakfast, then I came there catching up with him. Talking about books we’d been reading and a concert he’s having, and so on for a couple of hours, with a nice breakfast and coffee he offered. Another day my former colleague in Japan visited Berlin, then we met up catching up for a couple of hours and I introduced my friends to her. And another day another friend of mine asked me for a drink then I came there meeting his friends and chatting for a couple of hours.

It had so much fun seeing my friends / new people but I was totally exhausted after a week I then spent at home hardly doing anything for a whole day to recharge myself.

I recognised myself as an extravert, but after watching a YouTube episode explaining the differences between extroverts and introverts, I might admit myself as an introvert. According to the YouTube channel, the main difference between being extrovert and introvert is whether you are with others or spend time your own to recharge yourself. I often feel recharged when I spend a time alone. On the other hand, I also feel tired after spending too much time my own.

Then I was told that “There is another option called Ambivert which you have both characters fifty-fifty”.

Ok, I take it.

 

Carl Jung’s Theory on Introverts, Extraverts, and Ambivert

 

友人のSteveが一緒に朝食を食べようと彼の働いているカフェに誘ってくれる。
まだ明るくなりたての街を、拾ったばかりのランニングシューズを履いて歩き、カフェに向かう。
彼がご馳走してくれた美味しいサンドイッチとコーヒーを飲みながら、最近読んだ本の話、今月ある彼のコンサートの話などをして、二時間あまりを過ごす。
とても良い一日の始まり。

別の日 – 日本で働いていた会社の同僚がベルリンに遊びに来る。
僕らはカフェで待ち合わせ、二時間ほど近況を話し合う。

また別の日 – 友人がビールに誘ってくれる。
僕や彼の友人とまた二時間余りお互いの話をして盛り上がる。

沢山の人と話せて、再会できてとても楽しかった – けれど一週間を終えた頃僕は疲弊していた。
回復するために丸一日、家でほぼ何もしない時間を過ごす。

そんな中おすすめで出てきたYouTubeのビデオを見る。
ビデオの中では、外交的な人と内向的な人の違いについて説明されていた。

主な違いは自分が人といてエネルギーを回復するか、若しくは一人の時間に回復するか。

僕は自分を完全に外交的な人間だと思っていたが、案外内向的な人間なのかもしれない。

でも、一人の時間が長すぎると、外にいる時と同じように疲弊を感じてしまう。
そう考えた時に、言われる。

「Ambivertっていうどっちも半分ずつのキャラクターもあるんだよ」

あ、じゃあそれで。
響きもambientみたいでなんか良い感じだし。

 


 

Podcast this week

 

Isao Okubo (in Japanese) – Set Designer 1/2

 

「国によって光の色って違う – この光はベルリンぽいよなって思ったり」
ロンドン芸術大学でコンテポラリーアート&デザインを専攻し、現在はベルリンでMVなどを作る企業でインターンシップを行なっているIsaoくん。
Berlinで制作に携わりながら生活する中で大切にしていることや、日々の生活の中で得る気づき。日常からの学びを自身のクリエーションにどう活かしたいかなど、色々なことを話してくれています。
Isao studied Contemporary Art and Design at UAL in London, and is now doing an internship as a set designer at a production company in Berlin. As a creator, he learns something new on a daily basis and he explained in what sense he wants to put it into his creation.

Link
Isao Okubo Instagram
https://www.instagram.com/isaisaokb/

 


 

My Tune this week

 

Yasuyoshi Yoshida – Chromatic Chronicle

The Spotify suggestions are too accurate to stop digging music through them.

 


 

Japanglish this week

 

20. Valentine’s Day

 

Even though I didn’t have anything special on Valentine’s Day, it was still nice seeing people with flowers in their hands.

DSC08115


Have a nice week.

W20 – The classics

I’ve still spent much time on reading books and working on research and making documents at home. I started reading classic books while digging Japanese ambient legends. I’ve just finished “The Apology of Socrates”, and am now to start “The Chrysanthemum and the Sword”. I found it difficult to appreciate the main part of Socrates, but it got much more understanding once I reached the part of the explanation by the translator. The music helped me a lot concentrate on reading while I did so.

DSC08071

先週に引き続き沢山の時間を読書に費やしている。

「古典を読んでみよう」と思い立ち、日本の古いアンビエント音楽を探索しながら “ソクラテスの弁明”を読み耽る日々。
初めて古典を手に取る僕にとって、ソクラテスの弁明の本文は難しく、翻訳者の解説のパートに来てやっと読みやすくなった。

やっと一冊読み終わり、これからRuth Benedictの”菊と刀”に入る。
最近読んできた実用書で度々紹介されてきた一冊。楽しみ。

小難しい本を読んでいる最中、流す日本のアンビエントが優しく、大いに助けてくれた。

Kindle
ソクラテスの弁明 / プラトン著, 納富信留訳
菊と刀 / ベネディクト著, 角田安生訳

 


 

My tune this week

 

Satoshi Ashikawa – Still Way

The classic sounds amazing still today.

 

 


 

Podcast this week

 

今週はひとり語りです。

バタバタしていたので歩きながらの録音です。
Berlinの雑踏と一緒に。

Yutaka Hirasakaさんの好意に添え、エピソードの最後に彼の楽曲”a beautiful day”を流しています。

 


 

Have a lovely week.

W19 – a day to February

一月の最終週、僕はBerlinに来た4ヶ月前から、3回目の風邪を引いていた。
寝込んだ三日間の間にKindleの本を巡り、思い立って、大好きだった作家の本を久しぶりに読む。

最近書かれた新しいエッセイも見つける。
十数年前に読んだエッセイには無かった奥さんや息子の存在があり、同じ時を生きて、一緒に歳を重ねているんだな、と感じさせられる。

EncELE. RIEDSC08105

The last week of January, I was sick again. I was randomly picking some books on Kindle in bed, and ended up stuck with rereading my favourite author after 10+ years.

I also found that he’d just published a new essay a couple of years ago. I read his old essay when I was into his books, but there was no wife or kid in it which is in the new essay. That reminds me of that he lives in the same world and time as mine.


The topic this week

The virus in Japan, whereas Brexit in Europe.

Brexit: The UK has officially left the EU – what happens next? [BBC News]

IMG_4449


Podcast this week

Yuri Shimaoka (in Japanese) – Freelance Dancer 2/2

「何か動くものに興味があります – それは心なのかもしれないし、物質なのかもしれないし」

後半ではダンサーのYuriさんの選んでもらった音楽について話を聞いています。
テーマは“私の踊りに影響を与えた音楽”。
バラエティに富んだ選曲にYuriさんのエピソードを交えて。

Yuri chose 3 tracks as “the songs which influenced my performing styles”. The songs are varied from indie-rock to classic, and we had a talk about the tunes with her own stories behind.

– Yuri’s life-changing tunes –

 

Michelle Gurevich – Party Girl

 

Chopin – Nocturn No.21

 

Battles – IPT2

 

– Yuri Shimaoka Website –
https://yuris4248.wixsite.com/yurishim

IMG_4421

 


 

My tune this week

Yutaka Hirasawa – a beautiful day

I was listening to the song again and again with the sound of a heater, while reading the books.

 


 

Japanglish this week

 

19. Super Bowl スーパーボウル

 


 

Be prepared yourself for virus, nevertheless you’re in Japan or not.

W18 – birthday

It was such a lovely week. One of my friends in London visited Berlin for work, then we hung out with some of my other friends in Berlin, having wine, beer, and tea. It’s always nice to catch up with old friends, we had a tight hug and hope to see each other sometime soon.

I also had my birthday party on 23rd. I invited some of my best friends in Berlin, and had a small party at my friend’s with nice food and drink he made. Since many of my friends were barista, I got so much beans / tea leaves as birthday gifts.

My diary reminds me of my birthday party in London last year. I had a big party since I wanted to introduce among my friends, my birthday was a good excuse to do so. That is surprising it’s been only a year since then. I’ve faced so much stuff in the year. I feel myself more relaxed than me last year, and stable to achieve long-term goals.

Thank you all very much for celebrating my birthday, wish you all the best.

DSC08094

とても素敵な一週間だった。
ロンドンからは友人が、撮影の仕事でベルリンに来た。
僕のベルリンでの友人も交え、一緒にワインを飲んだりビールを飲んだり、お茶を飲んだり。
いつだって、旧友との再会は嬉しい。
最後は「またすぐ会おう」とかたいハグをして別れる。

同じくして、23日は僕の誕生日だった。
友人宅でバースデーパーティーを開かせてもらう。
彼がお酒や料理を作ってくれ、僕はこのベルリンの生活で仲良くなれた人たちを集めて、みんなでワイワイ楽しく話す。
僕の友人はバリスタが多いため、沢山のコーヒー豆やお茶の葉をプレゼントにもらう。

日記を開くと去年ロンドンでしたバースデーパーティのことが書かれている。
僕は友人同士を紹介したかった為、沢山の友人を誘って大きなパーティを開いた。
あれからまだ一年しか経っていないなんて、信じられない。
この一年沢山のことを経験したせいだろう、体感では3年分くらいに感じている。
去年あのパーティを開いた頃よりも僕は、安定感を持ってコツコツ長い目標にチャレンジできるように感じている。
これは成長の一種とも呼べるんだろう。

 


 

The podcast this month

 

Yuri Shimaoka (in Japanese) – Freelance Dancer 1/2

IMG_4420

「基礎は入れたけれど、残る記憶はあるからもう一度壊そう」

3歳からバレエを習い、大学を卒業したタイミングでBerlinに渡り、それ以降フリーランスのダンサーとして活動しているYuriさん。
前編ではYuriさんが経験してきたバレエやコンテンポラリーダンスについてやBerlinでの生活、そしてYuriさんが惹かれる音の話などについて聞いています。
素敵な週末のひと時に、コーヒーでも飲みながらお楽しみください。

Yuri Shimaoka is a freelance dancer based in Berlin. She started learning ballet at 3, and came to Berlin as soon as she graduated from a university in Tokyo. In the conversation, she talked about her dance experiences specialised in ballet and contemporary dance, her life in Berlin as a freelance dancer, and we also talked about sounds which she’s always been interested in. Enjoy the episode and have a nice weekend.

Link

Yuri Shimaoka Website
https://yuris4248.wixsite.com/yurishim

 


 

Japanglish this week

 

18. Acoustic Guitar

 


 

My tune this week

 

Paniyolo – In words

For your beautiful afternoon.

 


 

Have a lovely Sunday, and see you next week.

W17 – void

While it’s been relatively warm and nice weather in Berlin, I’m feeling funny and hardly be productive for some reason. I’ve tried playing the guitar, writing notes, and reading books but found myself hard to concentrate for a long time. I occasionally have the feeling but still struggle to go out from the period. Now, I’ve stopped pushing myself, hoping to feeling better at some point.

DSC08083

ここ最近のBerlinは暖かくて、晴れの日が多い – にも関わらず、なんか少し鬱屈とするような、何も手に付かないような気分を日々感じている。
ギターを弾いてみたり、ノートに考えをまとめてみたり、本を読んでみたりするも、どれも長く集中力が続かない。
時々こんな心境になることがあるのだけれど、僕は未だに上手く抜け出す方法が分からない。
とりあえず今は抜け出そうとするのを一度辞め、自然に元気が戻ってくるのを待っている。

 


 

My tune this week

 

Chihei Hatakeyama / Forgotten Hill

 

I don’t listen to his music very often, but this is the best chance to soak in the sound.

普段あまり聞かないけれど、こんな時こんな音が本当に心の底まで響く。

 

 


 

Podcast this week

 

“It took me 20 years, and then finally I met the artist who drew the forest. For me, personally, it was the highlight of this journey. “

 

Stefan carefully chose 3 life-changing animation films for us.

1. Princess Mononoke

 

2. Paprika

 

3. Akira

 

Stefan’s website – Anime Architecture
https://anime-architecture.org

 


Take carte of yourself.

W16 – big vision small steps

Luckily, I’ve got a 4-day shift in a week at the restaurant I’d started working, thought that would financially be helpful, but I was a bit concerned at the same time since I hadn’t worked in a while. Furthermore, I’d got many plans in the same week.

I had a podcast recording, threw a seminar for a company I used to work for, had a jamsession with my friend, and opened a dojo in the early morning instead of my friend who went to a monk’s meeting in Switzerland.

That was a hectic week, indeed.

I started reading a novel for 30 mins before sleep, I even shortened hours of sleep to do so. That helped me relaxed before sleep, and take me into a dream immediately.

 

バタバタした一週間だった。
新しく働き始めたレストランが4連勤のシフトを入れてくれ、助かる、という考えと同時に久しぶりの仕事で大丈夫だろうかという不安が出る。

一週間が始まると、僕が予定した事がその週に集まっていたことに気が付く。

Podcastのレコーディングをし、昔働いていた会社へセミナーを行い、友達とジャムセッションを行い、ベルリンを離れている友人のお坊さんの代わりに早朝に道場を開ける。で、夕方から夜中まで働く。

目紛しい – 本当に目紛しく時間が過ぎていく。

毎晩、寝る時間を少し割いても寝る前に30分、小説を読んでいる。
そのおかげで寝つきよく、穏やかな気分で夢の中に落ちることができる。

 


 

Podcast this week

 

 

Stefan Riekeles (in English) – Producer of Anime Architecture

“Even though you think this is not finished, or this is not nice, I think this is a great drawing or painting, and we should put it on the wall because other people might feel like I do”

Stefan is a producer and a curator of an exhibition called Anime Architecture which presents the drawings and paintings behind prominent animation films including Ghost in the shell and Metropolis. They highlight artists and their artworks at the exhibition but hardly put the titles of the films.

StefanはAnime Architectureというエキシビジョンでプロデューサー/キュレイターとして活動しています。

彼のエキシビジョンには攻殻機動隊やエヴァンゲリオン、手塚治虫のメトロポリスといった有名なアニメ映画の原画が飾られていますが、そこでは映画の名前ではなく、その画を書いたアーティストの名前がメインに挙げられています。

 


 

My tune this week

 

 

a glow in January グローインジャヌアリー

 

Getting back to your everyday practice in the middle of January after all the occasions.

沢山のイベントを終えていつもの日常に戻る一月の中旬。

Improvised session with Jerome

6th JAN 2020 in Berlin

 


 

The topic this week

 

IMG_4384.PNG

 

Screenshot 2020-01-11 at 13.55.33

Qasem Soleimani: Why kill him now and what happens next? [BBC News]

I’ve got notifications about Donald Trump and Iraq everyday.

毎日、ドナルドトランプとイラクに関する通知を受け取る。

 


 

Japanglish this week

 

 

17. Garage Sale ガレージセール

 


 

Ok. I’m now off to the last shift this week. Have a lovely weekend.

W15 – not a resolution but a schedule

I was at home having some meditation for countdown on 31st of December. Fireworks were ceaselessly set outside from the noon of 31st, and it peaked from 11pm till 1am. I could hear ambulances were running around consistently, and found the traffic light destroyed (the photo below) when I walked to my friend’s on 1st of January.

I remember the 1st of January used to be the most special day of a year for me, but I couldn’t find it so special since I was just staying at home, and realised that I was the one made the day so special not the media.

I’ve been still having a quiet new year’s at home, as making a schedule of a year, not a resolution.

 

DSC08068

 

カウントダウンの瞬間、僕は部屋でひとり座禅を組んでいた。
部屋の外では昼頃から花火の音が止まず、午前0時の前後一時間にピークを迎える。
合わせて、救急車の音も鳴り止まない。
翌日元旦、友人の家まで歩いていると壊された信号機を見つける(写真上)。

僕の中で元旦はずっと一年で一番特別な日で、年末が近づくと「本当にあの元旦が来るのか」といつもソワソワしていた。
大人になってもそれは変わらなかったが、今年あまりにも静かに新年を迎えたおかげで、あの”特別感”はあまり感じられなかった。
故に、あの特別感は世間ではなく、自分が自分で作っていたんだな、と気がつく。

今も僕は静かな正月を部屋で過ごしている。
目標ではなく、一年の予定なんかを作ったりしながら。

 


 

The topic this week

 

There has been a massive fire in Australia, almost the size of the fire in Brasil last year. Apparently (and sadly) a third of Koalas in New South Wales have been killed by the fire.

オーストラリアで去年ブラジルで起こったのと同等くらいの大火災が発生している。
記事によると、この地域の1/3のコアラは炎に巻き込まれて死んでしまったらしい。

Screenshot 2020-01-04 at 14.32.54

 


 

The tune this week

 

Kazunori Sugama – you are my waltz

– a warm tune to listen to in a cozy room with the cold weather outside.

 


 

Japanglish this week

 

15. Happy New Year ハッピーニューイヤー

 

16. Trend トレンド

 


 

I’ll come back with the podcast next week – stay tuned.

W14 – party party

I was going to have a relaxing new year’s but turned out I had some parties till the morning. Since I don’t enjoy nightlife so often I totally worn out after having a party overnight and hardly could anything but the preparation for the next party. Yet it’s not very productive, it’s still nice to have friends to spend the occasions in the city together. I’m really grateful for those guys.

I’m writing this on new year’s eve, hearing the fireworks outside.

DSC08066

年末は家でゆっくり過ごすつもりでいたけれど –
何人かの友人が誘ってくれたおかげでパーティーに出掛ける。

夕方から飲み始めて、朝6時にまだ暗いBerlinの街を歩いて帰る。

普段夜遊びをしない僕は、そんな日が二日続くだけで疲弊してしまう。
昼まで寝てもまだ頭はぼーっとしていて、その夜のパーティーに向けて準備したり昼寝する以外、何もできない。

「こんな生活、生産的ではないな」
なんて思うけれど、一年の中のたた数日、この特別な空気を一緒に楽しんでくれる人たちがいることがとても嬉しい。
誘ってくれる友人たちに心から感謝。

大晦日に窓の外の花火の音を聞きながら。
皆さん良い年をお迎えください。

 


 

Podcast

 

Since I couldn’t record an episode this week, I did it my own(in Japanese). This time, I had a talk about one of my life-changing bands – “envy”.

ゲストとの収録ができなかったのでひとり録りをしました。
今回は大好きだったバンド: envyについて話しています。
窓の外の花火の音に合わせて。

 


 

My tune this week

 


 

Happy new year.

W13 – I only have 14€ but

I made a video with the acoustic guitar after more than a year. I got the video done in the 3 days, but I focused on it so much that I hardly did anything else in the 3 days. I’ve been always working on something I was interested like this for the last 3 months since I came to Berlin, and now I realised that everything I’ve got is only 14€. I ran to apply for a Japanese restaurant, wishing to get a job there easily.

To be honest, I’ve been avoiding working at a Japanese restaurant ever since I came out from the country: 4 years, because I thought it was too easy to get a job, either hardly learn anything. However, after I had a trial, I found that was far more challenging than I expected. I started working as a waiter but I even didn’t know how I could hold a tray efficiently. I’m now excited in learning something new.

 

I only have 14€ but…
I could make a video with the guitar because I have a camera and laptop, and my friend lent me the guitar.

I only have 14€ but…
I can enjoy reading books because Amazon Kindle Japan offers a 3-month unlimited plan for 3€.

I only have 14€ but…
I enjoyed a Korean restaurant because my friend invited me.

I only have 14€ but…
I enjoyed a bottle of beer because my flatmate gave one to me.

I only have 14€ but…
I enjoyed open-air live music because a busker was having an awesome performance.

I only have 14€ but…
I can sleep under the sailing fearless.

My life is not bad at all as long as I’m healthy even though I’ve got only 14€.

一年ぶりにギターを使ってビデオを作った。
ビデオを作っていた三日間はビデオ編集以外何もせず、ほとんどの時間を制作に費やしていた。
おかげで「芸は人なり」と言ってもらえるような作品が完成して満足している。

ベルリンに来てから三ヶ月、仕事もせずこうしてその時にやりたいことに没頭したおかげで、お金は徐々に減っていく。
気が付くと、僕の所持金は残り14€という鬼気迫る状況になっていた。
僕は慌てて日本食レストランに履歴書を送って応募する。

海外生活を始めてから約4年、僕は今まで日本食レストランで働くことを避けて来た。
「簡単すぎるんじゃないか」、「学ぶことがないんじゃないか」引いては「わざわざ海外に出てすることじゃない」と思っていた。

しかし、今回切羽詰まったことをきっかけにトライアルを受けてみると、想像していたよりもずっと難しいことに気がつく。
僕は効率的なお盆の持ち方すら分からない。
僕は今までレストランでサーブをしたことがなかったのだろうか?
これから、沢山学ぶことがあると良いなと思う。

 

14€しか持っていないけれど –
友達がギターを貸してくれ、パソコンとカメラがあるので、僕はビデオを作ることができた。

14€しか持っていないけれど –
Amazon Kindle Japanが3ヶ月で299円というキャンペーンを行っていたので読書を楽しんでいる。

14€しか持っていないけれど –
友達がご馳走してくれたのでレストランで美味しい韓国料理をいただいた。

14€しか持っていないけれど –
駅前で素晴らしいパフォーマンスをしている路上ミュージシャンがいたので野外ライブを楽しめた。

14€しか持っていないけれど –
僕は屋根の下で不安なく眠ることができる。

たとえ14€しか持っていなくても、健康である限り、僕の生活は全く悪くない。

 


 

Podcast this week

 

「同じモチーフを一生かけて描き続けた、そういうものを自分自身も探したい」

普段音楽を聞かないというカッキーに、今回はカッキーの大切な絵画三点について聞きました。
上の言葉はモネの睡蓮の魅力について話していた時のものです。
後半にはカッキーが教員として働く高校で行っている、毎年対馬に生徒を連れて行くという活動について話してくれています。

Kacky is a historian as well as a high school teacher in Tokyo. We had a talk about 3 pieces of paintings he loves. They were “Spring” by Jean Francois Millet, “Rain, steam and speed” by William Turner, and “Water Lilies” by Monet. He also told us that he bring students to Tsuchima(South part of Japan) to have a boat trip to Korea every year, to see the differences between those countries with their own eyes.

1. 春 – ミレー
2. 雨、蒸気、速度 – ウィリアム・ターナー
3. 睡蓮 – モネ

 


 

My tune this week

少し切なく心に染みるクリスマスソング。

 


 

Japanglish this week

 


 

Wish you all a very Merry Christmas.

W12 – life is beautiful

A book I read was so good that I put my recorder on and recorded an episode (in Japanese) for the podcast. It was my first recording my own, I found it difficult to put my thoughts in word as they are. The book was in Japanese, the psychology of Abraham Maslow for beginners. By the way, I like the word “view” because I really feel that the scenery looks different physically as well as psychologically once you take another view in.

DSC08053

読んだ一冊の本が素晴らしく、僕はIC レコーダーの電源を入れ、一人で録音する。
一人でPodcastを録音するのは初めてで、思うように感動を表現できない自分の言葉にもどかしさを感じる。
ところで、”視点”という言葉は英語でも日本語でも、物理的な視野と考える角度という精神的な意味での両方で使われる。
良い本を読んだ後、まさしく目の前の光景が角度を変えたように見え、僕は毎回、この感覚に感動を覚える。

 


 

Podcast this week

Kacky (in Japanese) – Historian

「(生徒によく言うのは)朝校門をくぐって学校に入った時と、夜学校から出る時は世の中が違って見えなきゃいけないんだよ」

カッキーは都内の高校で日本史を教える教師であるとともに、日本古代史を研究する歴史家です。

今回は学会でドイツに来たタイミングでPodcastの収録を行いました。

カッキーの研究分野や、学校で生徒に教える時のことなどについて話を聞いています。

Kacky is a historian as well as a high school teacher in Tokyo. He studies ancient Japanese history specialised in its diplomacy, we had a chance to record this episode when he came to Germany for a conference. We had a talk about his research, and his ideas of classes as a teacher.

 


 

My tune this week

 


 

Keep warm.