Je suis à la maison

Je suis à la maison – hiroki sugi + mizuki

I published an EP with a photobook in spring of 2019 to capture the cozy ambience in my room in London, and my friend Mizuki joined the project writing the lyric and melody for the song. We decided to share the song hoping it supports people’s time at home. 

去年の春、ロンドンの部屋の風景を切り取ったフォトブックとEPをオンラインで販売しました。
今回、その時の曲に友人のmizukiが詩と歌を付けてくれました。

自粛ばかりの日々ですが、家の中の小さな変化を愛でたり、周りの人との時間を楽しむチャンスなのかもしれません。
せっかくなので明るくStay homeを続けましょう。

 

Podcast this week

Paniyolo – Days [7]

It’s 5pm somewhere

I’d spent so much time on research about Coronavirus every day and wrote notes on my notebook. I started sharing the topic on Instagram a week ago because I thought most of Japanese people were not aware enough of how serious the situation was yet, and thought it would be worth to share something serious at the time.

As a week has passed, there’re so many changes here. The government has declared a state of emergency throughout the country, and also announced a 100,000 yen giveaway to each citizen, and the death toll in the country doubled in the week. Then I thought the people’s awarenesses have also changed, and it’s not appropriate any more to share the topic on Instagram which my followers could randomly see my posts. They might’ve lost their jobs, lost someone, or something else meaningful for them. I believe it’s a time to share something more positive than serious.

I saw a Japanese film called “Liverleaf”, it would be the worst film I’ve ever seen. Please try if you are interested. The way the ending song was played in the film was amazing despite the content.

DSC08222 2

毎日多くの時間を費やしてコロナウイルスについてのニュースを収集し、手元のノートに書き出していた。
僕はまだ日本に流れている空気が激甘に感じていたので、「少しでも深刻さを知るきっかけになれば」とInstagramへのシェアを始める。

シェアを始めてからのこの一週間で、日本の状況は大きく変わった。
はじめ首都圏にだけ限定されていた緊急事態宣言は全国に広がり、政府は10万円の現金支給を発表。
国内の死者数も一週間で倍になった。

状況が変わったこの一週間で、人々の意識も多く変わったように感じる。
同時に、もうInstagramにこのトピックを上げ続けるのが適切でないように感じる。
僕のフォロワーがランダムに僕の上げた記事を見るわけだけれど、その人は仕事を失ったかもしれないし、身内を亡くしたかもしれない。それ以外に何かその人にとって大切なものを、失くしたかもしれない。

人々が不安を持ち始めた今、このタイミングから僕たちに必要なものは、不安を煽られる情報ではなく、気が紛れるような情報のように感じられる。

 

先日、「ミスミソウ」という映画を観た。
おそらく、今までに観た映画の中で一番酷い映画だったと思う。
Amazonプライムで見られるので、興味があったら是非。
映画の内容と異なり、タテタカコの曲の使われ方は秀逸です。

 

コロナウイルスについて調べることはnoteでの更新を続けます。

気になったら来てください。

https://note.com/hirokisugi

Screenshot 2020-04-22 at 15.25.25

 


 

Podcast this week

I introduced a song by Paniyolo, a Japanese guitarist, hoping help you have a calm time at home.

 


 

Take care of yourself at home.

W29 – Quiet Zone

I changed a concept of my podcast program as due to the Covid-19 situation.

I’ll post Japanese ambient music every week in the new podcast program. The contents will be delivered in Japanese but I’ll play a song at the end of each episode as well as links on the description page so that you can reach to more tracks of the musicians.

Wish you all safe.

Peace,

W28 – behind the window

It’s been 2 weeks since I came back to Japan / started being in self-isolation. Thanks to the internet and all the online contents today, I spent much time in front of my laptop, but had become getting bored day by day and so I started working on self-reflection and digging CDs in my room. And now, I ended up taking an advantage of the quarantine as learning programming which I’d been interested in for a while. 

Keeping myself updated by watching the Japanese TV and following some other news site outside the country, I found different approaches towards the economic disaster in each country during the pandemic. Some European countries and the US tend to take fast and reliable actions, freelancers in Germany can now apply for a non repayable grant of up to €9,000 while the UK government helps employees with a grant worth 80% of their salaries. 

On the other hand, Japanese prime minister Abe considered giving Japanese citizens coupons for domestic beef and fish in compensation and he’s now working hard on the plan of 2-mask giveaway to each household throughout Japan. That would be hilarious if the situation were not so serious.

Just seeing the actions taken by the government I would admire the European countries, but as the German finance minister killed himself in consequence of all the fallout from the coronavirus, it’s obvious that those countries are literary in a state of emergency. 

I wonder how much of money and how many of lives we will lose for all the circumstances in the end. 

More and more people have been becoming to stay home all over the world. It would be depressive for most people just concerting the situation at home, but I believe this is dull yet the best action we can take in order to save others for now.

Entertain yourself, entertain yourself, and entertain yourselves. Lose yourself in the art and creations.

We need to be fine to rebuild our life after everything happens. 

DSC08170

日本に戻ってきて/ 待機生活を初めて二週間が経つ。
沢山のコンテンツがインターネット上にあるけれど、パソコンの前にいるだけで過ぎていく毎日に嫌になり、一度画面から離れる。
溜まった考えをまとめるためにノートを開いたり、部屋にあるCDを漁ったりという時間を経て今は、いつかやりたいと思っていたプログラミングの勉強を始めた。

毎日、テレビで日本のニュースを見たり、インターネットで海外のニュースを見て、日々新しい情報に触れていると、(特に経済面での)各国での政府の対応の違いに目がいく。

アメリカやヨーロッパ各国の対応は手厚い上に迅速で、イギリスでは社員の80%の給与が政府によって補償され、ドイツではフリーランスに対して最大€9,000(約百万円)の補償が実施されている。
対して日本は、安倍首相が和牛券、お魚券に対して真剣に論議し、今は日本国内全世帯にマイク二枚を配布する準備に忙しい。
ここまで真剣な場面じゃなければ笑えたかもしれない、なんて思う。

表面だけ見て取ると、イギリスやドイツの友人が羨ましく映る。
しかし、ドイツの経済大臣が今週自殺したことでも分かるように、それらの国が緊急の立場であること、この代償が大きくのし掛かって来ることには変わりがない。

最終的に僕たちは、一体どれだけのお金と、どれだけの命を失うんだろうか。

世界中で、日々多くの人が自宅待機生活を強いられている。
こんな非常事態にすべきことが家にいることなんて。
一見楽観的で、地味で、多くの人にとって、とてももどかしいだろうと思う。
鬱になる人も少なくないだろう。
でもそれが今できる最善の行動であり、結果的に他人を救う行動であると僕は今も思っている。

自分が没頭できるものを探して、見つけて、探して。
感動や制作に我を忘れて。

どこまで失っても、全てが終わったあと自分たちの人生を立て直すために、僕たちは生き延びないといけない。

 


 

My track this week

Notes in quarantine – behind the window

Available on YouTube and iTunes/ Spotify and other podcast platforms.

 

 


 

See you next week.