W5 – being nice 事件

My life this week

パートタイムの仕事を始めて、当面の生活を安定させようという考えが生まれた。
今まで回った15件くらいのコーヒーショップの中から、一つ、お気に入りのローカルのコーヒーショップに行き、オーナーに相談してみる。
「パートタイムで仕事をしたいと思ってるんだ」
ちょっと待って、と言われる。
10分後、「少し話そう」と外の席に促される。

「どれくらい働きたいの?」
「バリスタの経験はどれくらいなの?」
基本的なことをいくつか聞いた後、彼は僕に言う。

「このコーヒーショップでは、本当に良い人にしか働いて欲しくないんだ。
アヴェレージの良い人ではなく、本当に、良い人の中の、良い人。
コーヒーのスキルはいずれ向上するから大切じゃない。
一日考えて欲しい。自分にその自信があるのか。
一日考えて、また連絡して欲しい」

「分かった、ありがとう」と僕はお店を離れる。
お店を離れて、考えてしまった。
『僕は本当に良い人間であるんだろうか。』

以前はそれについて自信があった。
自分はスマートじゃなくても、良い人ではある。
でも今はどうなんだろう。

海外で舐められないように緊張して –
自分のプライドを優先して –
他人と比較される中で焦って –
良い人であることを失いかけてたんじゃないだろうか。

その日、結局僕は午前3時まで考えて眠れなかった。
考えた挙句、僕は彼に「できる」と返信し、翌日にトライアルを受けた。

トライアルの結果彼は僕と働きたいと言ってくれ、僕も彼の仕事のアティチュードに魅入って、是非一緒に働きたいと再度話した。

改めて、僕は良い人でいたい。
始めて会った人が、「こんな人いるんだ」と驚いて、その人の価値観を変えてしまうくらい –
それくらい、良い人になりたい。

ベルリンに来て出会った人たち – セルフレスなお坊さんや今回の店長、そして純粋な子供たち –
彼らを見て、今なら戻れるんじゃないかと思った。
もしかすると、今僕はもう一度良い人間になれるターニングポイントにいるんじゃないだろうか。

I’ve got an idea of having a part-time job at the moment for a stable income. I chose one small local shop from the 15 coffee shops I’d visited, and asked the owner about the vacancy there. He led me to have a seat outside and talked for a couple minutes. He asked me a couple of basic things – how long I want to work, how long I’ve worked as a barista. After a pause, he stared at my eyes and said.

“I’d only like to work with really nice people. Not average, a nice person of nice people. How skilled you are is not a priority since you will develop if you have a proper practice. So please have a think that, whether you are confident of that. Please have a think for a day and text me.”

I thanked him and left the coffee shop. Then I started thinking whether I’m a nice person or not. I used to be confident of that – but I wonder if I’m still so. I’ve kind of lost the confidence struggling with living outside my home country and trying to be competitive among the international people. I kept thinking about it until 3 in the morning and replied to him that I’m confident with that.

I had a trial shift and he told me he wants to work with me – I also loved his attitude towards customers and coffee and that made me even more willing to work with him at the shop. After the event, I knew I’d like to be a nice person, as selfless as even I could influence someone’s ideas of their life.

I’ve been meeting really nice people – the owner, the monk, and the kids who are truly pure and nothing crafty behind. And now, come to think of it, this is a turning point to change my concept of personality as well as my life.

DSC07908


My track this week

今回のトラックは行きつけのOslo Kaffee Barで流れていたPrivate Lessonのトラックです。
Ownerが最近日本に行き、渋谷のレコード屋に行った際にこの曲が流れていたそうです。

The track this week is a song from Private Lesson that I heard at one of my favourite coffee shops: Oslo Koffee Bar. The owner recently visited Tokyo and heard this song when he entered a record shop in Shibuya.


Japanglish this week

Thank you for following my work – see you next week. Have a lovely weekend.

W4 – お坊さんとその家族との生活 life with a Buddhism monk and his family

ベルリンに引っ越してきて四週間が過ぎようとしていますが、その内の約半分は風邪で寝込んでいました。
幸運なことに家に住ませてくれる友人がいるので、僕は今そこで生活しています。
彼はお坊さんで、奥さんと、4人の子供と一緒に生活しています。
僕にとってはお坊さんと住むのも、子供と生活するのも初めての経験です。

彼は毎朝早くに座禅のセッションをしているので、僕は時々そのセッションに参加します。
毎朝毎晩、僕らは基本一緒にご飯を食べ、「いただきます」の前にはお経を唱えます。
食事は基本ヴィーガンですが、時々出汁を取るために魚が使われます。お肉が入ることはありません。
ある日、僕はロンドンから来た友人と彼女の部屋でご飯を食べることになりました。
普段お肉を食べられないので、ここぞとばかりにソーセージをいくつか買って調理します。
美味しかったのですが、ちょっと重くて、少し胸焼けしてしまいました。
自分がヴェジタリアンになるとは考えたこともなかったのですが、3週間の食生活は僕の食の嗜好を変えてしまったようです。

前述の通り僕は二週間ほど寝込んでいたため、あまりまだ街を回れていません。
それでも行きたいと思っていたコーヒーショップは10個以上訪れ、友人や子供たちと3つのミュージアムに行きました。
でもまだコンサートには行けていません。
Max Cooperのチケットをとても買いたいのですが、求職中の僕に30€のチケットは手が出せませんでした。

風邪で長い期間寝込みましたが、友人のお坊さんとその家族のおかげで良いスタートが切れ、やっと新しい生活の始まりを実感しています。

このウェブサイトは養生中に作りました。
ブログはなるべく週一度更新していきます。
でも英語、日本語両方で買いているので、毎回こんなに長く書けるかは分かりません。
元々は英語だけで書くつもりでしたが、ベルリンの美術館の説明文が全てバイリンガル で美しかったので、触発され、僕も両方で記事を書こうと思いました。
Podcastも、新しいコンセプトで日本語と英語を混ぜ、来週末くらいから再開させたら良いと考えています。
まだ四週間ですが、今のところ良い感じです。
皆さんも体に気をつけ。また来週。

(英語で元の文を書いた後に日本語に直して打っていますが、すごく丁寧で違和感が残ります。来週は逆でやってみます)

===

W4

I have just moved to Berlin 4 weeks ago, and I was staying in bed for a half of the time due to being cold. Luckily, I had a friend letting me stay at his place at the moment. He is a Buddhism monk, and lives with his wife and 4 kids. I’d never lived with either kids or monk in my life.

He has a meditation session every early morning, so I sometimes participate it. We basically eat together every morning  and evening and we chant before start eating. The food is mostly vegan, sometimes tiny fish for “dashi” (fish broth) but never meat. One day I had supper with my friends who came to Berlin from London, and as I usually don’t eat any meat, I bought some sausages for the supper. It was tasty, but I actually felt the sausages greasy at the same time. I wouldn’t think myself becoming a veggie, but the 3-week diet changed my taste in food.

As I mentioned above, I was in bed for a couple weeks and so I haven’t many chances to explore the city yet. But I’ve already visited more than 10 coffee shops from my list and 3 museums with my friends and the kids. No concert yet, I really want to buy a ticket of Max Cooper, but 30€ is not affordable while I’m between jobs now.

Even though I had a big cold and stayed in bed for a long time, I had a nice start to my life in Berlin thanks to the family. I’m now feeling the beginning of a new chapter of my life.

This is a website I built while I was in bed. I’ll try to post a blog once a week, but I’m not sure if I can keep the contents as long as this since I’m writing it in both Japanese and English. I was thinking about posting a blog in only English, but I changed my mind because all the descriptions at museums in Berlin were bilingual. It was beautiful, inspiring for me. Also, I’d like to restart my podcast with a new concept, mix between English and Japanese as well. Hopefully I can start it next weekend. Anyway, so far so good. Thank you for your time reading my post. All the best,

===