W28 – behind the window

It’s been 2 weeks since I came back to Japan / started being in self-isolation. Thanks to the internet and all the online contents today, I spent much time in front of my laptop, but had become getting bored day by day and so I started working on self-reflection and digging CDs in my room. And now, I ended up taking an advantage of the quarantine as learning programming which I’d been interested in for a while. 

Keeping myself updated by watching the Japanese TV and following some other news site outside the country, I found different approaches towards the economic disaster in each country during the pandemic. Some European countries and the US tend to take fast and reliable actions, freelancers in Germany can now apply for a non repayable grant of up to €9,000 while the UK government helps employees with a grant worth 80% of their salaries. 

On the other hand, Japanese prime minister Abe considered giving Japanese citizens coupons for domestic beef and fish in compensation and he’s now working hard on the plan of 2-mask giveaway to each household throughout Japan. That would be hilarious if the situation were not so serious.

Just seeing the actions taken by the government I would admire the European countries, but as the German finance minister killed himself in consequence of all the fallout from the coronavirus, it’s obvious that those countries are literary in a state of emergency. 

I wonder how much of money and how many of lives we will lose for all the circumstances in the end. 

More and more people have been becoming to stay home all over the world. It would be depressive for most people just concerting the situation at home, but I believe this is dull yet the best action we can take in order to save others for now.

Entertain yourself, entertain yourself, and entertain yourselves. Lose yourself in the art and creations.

We need to be fine to rebuild our life after everything happens. 

DSC08170

日本に戻ってきて/ 待機生活を初めて二週間が経つ。
沢山のコンテンツがインターネット上にあるけれど、パソコンの前にいるだけで過ぎていく毎日に嫌になり、一度画面から離れる。
溜まった考えをまとめるためにノートを開いたり、部屋にあるCDを漁ったりという時間を経て今は、いつかやりたいと思っていたプログラミングの勉強を始めた。

毎日、テレビで日本のニュースを見たり、インターネットで海外のニュースを見て、日々新しい情報に触れていると、(特に経済面での)各国での政府の対応の違いに目がいく。

アメリカやヨーロッパ各国の対応は手厚い上に迅速で、イギリスでは社員の80%の給与が政府によって補償され、ドイツではフリーランスに対して最大€9,000(約百万円)の補償が実施されている。
対して日本は、安倍首相が和牛券、お魚券に対して真剣に論議し、今は日本国内全世帯にマイク二枚を配布する準備に忙しい。
ここまで真剣な場面じゃなければ笑えたかもしれない、なんて思う。

表面だけ見て取ると、イギリスやドイツの友人が羨ましく映る。
しかし、ドイツの経済大臣が今週自殺したことでも分かるように、それらの国が緊急の立場であること、この代償が大きくのし掛かって来ることには変わりがない。

最終的に僕たちは、一体どれだけのお金と、どれだけの命を失うんだろうか。

世界中で、日々多くの人が自宅待機生活を強いられている。
こんな非常事態にすべきことが家にいることなんて。
一見楽観的で、地味で、多くの人にとって、とてももどかしいだろうと思う。
鬱になる人も少なくないだろう。
でもそれが今できる最善の行動であり、結果的に他人を救う行動であると僕は今も思っている。

自分が没頭できるものを探して、見つけて、探して。
感動や制作に我を忘れて。

どこまで失っても、全てが終わったあと自分たちの人生を立て直すために、僕たちは生き延びないといけない。

 


 

My track this week

Notes in quarantine – behind the window

Available on YouTube and iTunes/ Spotify and other podcast platforms.

 

 


 

See you next week.

W27 – Quarantine

Since the coronavirus / COVID-19 has spread more and more widely, I’ve decided to come back to my hometown in Japan after 2 years and a half. The Japanese government announced that people who came back from outside the country have to quarantine at either home or a hotel for 14 days.

I was shocked and confused by the fact that Japan is far less serious about the situation than Europe. People still commute to their offices by packed trains and hang out after work and weekends. Despite I wish the vibes remain forever, I can’t help thinking of that the virus outbreak is happening in as soon as a couple of weeks here in Japan as well.

People struggle with the virus based on their different situations and problems – finance, work, education, and so on. I’m very lucky to be able to take this option, but as far as I’ve seen, it’s very meaningful and important just staying home for now in order not to help spread the virus. The more people stay home, the more proper treatments are brought to people in need.

DSC08167

コロナウイルスの拡散を理由に二年半ぶりに日本へ戻ってきた。
日本政府は、帰国者は14日間、自宅かホテルにて隔離生活を送るよう指示した。

(先週の記事にも書いたけれど)日本に戻ってきて、ヨーロッパと驚くほど違う平和な空気に驚いた。
人々は未だに満員電車に乗り街へ出勤し、仕事後や週末に外出を楽しんでいる。
この平和な空気がずっと続けば良い – と思うが、どうしてもヨーロッパのような爆発的な感染や混沌が起き、日本でも感染者が一万人を超える。あと一週間くらいしたら、そんな事態が起きている気がしてならない。

人は各自それぞれ違う理由、問題、立場でウイルスと闘っている。
経済的に、仕事に、学業に、etc, etc…
僕がこの選択を取ることがとても恵まれていることは判っているが、自分の見てきたものから、今は家にいることがとても大切であり、他人を救う行為であると信じている。
より多くの人が家にいれば、より多くの、医療手当てを必要とした患者が救われる。

 


 

My track this week.

Loop track with my full pedalboard and Gibson SG at home.

W26 – head back home

I’ve decided to go back to Japan for a while because of COVID-19. It was a last minute decision, I hadn’t even thought of that a week ago, but I’m here in Japan now.

Right before I left Berlin, the situation was getting more and more serious every single day. Most of the shops: restaurants, bars, coffee shops, has closed or still open yet partially for just takeaway or in some way.

Though I expected the situation in Japan would be different from Europe, it was far more relaxed than I expected. I was trying to be calm when I was in Berlin while people were losing their minds, but I’m now trying not to lose any of a sense of danger.

DSC08161

コロナウイルスを理由に日本へ一時帰国することを決める。
そんなこと考えてもいなかったが、決めた時点で数日後のチケットを取り、僕は今この文章を日本から打っている。

ベルリンから飛び立つ直前、街は日に日に深刻さを増していた。
人は毎日減っていき、ほとんどのお店、バーやレストラン、コーヒーショップは閉店。
空いていたとしても、持ち帰りなどの一部のみ。

日本は、そんなヨーロッパとは、また違う状況にあるだろう –
そう思っていたが、いざ日本に着くと、予想を遥かに超えたゆるふわした空気に驚いた。

ベルリンでは周りが日々プチパニックに陥る中、自分は冷静にいようと毎日意識していた。
今は逆 – この悠長な空気に飲まれず、自分だけは危機感を残していようと必死。

 


 

Podcast this week (in Japanese)

今週は一時帰国、コロナウイルスに関するひとり語り。

1. 一時帰国について
2. 日本入国時に受けた検疫についての共有
3. ドイツ メルケル首相のコロナ対策についてのスピーチの共有

 


 

My tunes this week

Can’t help listening to the hardcore gems in the wired situation.

 


 

Don’t panic, yet be aware.

W25 – Japaneseman in Berlin

Since coronavirus has been spreading in Europe, many items have been disappeared in shops and more and more shops are closing in the city every day.

Some of my Japanese friends have experienced racism. Though I haven’t experienced serious one, someone told me not to come close within 1m. On the other hand, another person gave me a handshake. That’s not special yet it means a lot to me now.

It’s not the end of the world, I still believe it’s precious to appreciate what you have. Don’t be suffer too much from what the media says, don’t let your fear controls you. Life goes on.

DSC08145

ヨーロッパでもコロナウイルスが流行ってきて、トイレットペーパーやパスタなんかがスーパーから消えて、街のお店もどんどん閉まっている。

日本人の友人から、差別を受けたという話を聞く機会も多くなってきた。
みんな不穏な恐怖に襲われているんだろう。

僕は大した被害を受けていないが、外を歩く際に人の目を気にしてしまう。
「1m以内に寄らないでくれ」と言われた。
と思えば、何も気にした素振りも無く、握手の為に手を差し出してくれる人もいる。
そんな普通の仕草が、いつも以上に嬉しくなる。

世界の終わりじゃないんだから、目の前の一つ一つが大切なことは変わらない。
不安に支配されず、情報に踊らされず、冷静にいたい。

 


 

Podcast this week

今週も弾き語りました。

This track is roughly recorded on 14th of March at home in Berlin.

3月14日 土曜日 午後二時 Berlin
背中に陽の光を感じるくらいの快晴
宜しくお願いします。
先週に引き続きコロナウイルスの影響が力を増している
それに伴いヨーロッパではアジア人に対する差別が広がる
一気に明るみにしたのは先週起きたロンドンでのシンガポール人学生への暴行
身近な例でも、髪に唾を吐きかけられたり、乗った電車で挑発されたり、自分が乗って車両から人がいなくなるという話を聞く
ヨーロッパ人はアジア人を アジア人は中国人を非難する
みんな怖いから、心に掠った不安に抵抗できずにいる
無知と想像力の欠如が差別を助長し 人を傷付ける でも
想像できないんだろうか
自分の知識の枠の内側や外側
想像できないんだろうか
自分や、自分の愛する人が反対側に回るという可能性
そして 僕は
このままで良いんだろうか
意見の対立を前に黙殺を続けて
そんな立場を維持して良いのだろうか
自分が傷つかないように、人を傷つけないように
自分にはもっとポテンシャルがあると
僕の優しさはこんなものじゃないと
信じたい

 


 

My tune this week

baobab + haruka nakamura / カナタ

 


 

See you next week

W24 – neutral

While I’ve got some ups and downs in the week, I’ve been trying to keep myself neutral, and that brings me to play some tunes on the acoustic guitar and wrote some phrases down. Since I hadn’t had any interviews in weeks, I uploaded the song playing the acoustic guitar with an improvised poetry reading.

I would keep uploading a couple of more songs since I still haven’t had any plans of interviews.

 

嬉しいことや残念なことが沢山あって大いに感情が揺さぶられた一週間だった。
せっかくなので、詩を書いてギターを弾いて、Podcastにアップする。
ちょうどインタビューの予定がない時に、音楽を作りたい思いが重なったので、少しこんなアップロードを続けてみようと思う。

アップロードする場所があることに感謝。

平常心というテーマを持って
弾き語りをしようと思ったのだけれど
いざ詩を作ってみると
なぜか思うようにまとまらなくて
だから即興で浮かんだものを語ることにする
弾き語りってこういうことなんだろうか
ちょっと違う気がするけど
まぁ いいや 

一日 良いことや悪いこと

多くのことに対峙し
自分の感情が揺れることを感じる
それを必死に平常心に戻そうとする毎日
午後になり夕日の時間が近づくと
眩しい西日がそれを解して
明日への時間が短いことを知らせてくれる
あるのは身ひとつ
この身ひとつで繋げる明日へ 

スラ スラ また明日 

またこれからくる新しい日も

素直な耳を持って生活しよう 

また明日

 


 

My videos of busking in Montréal was featured on YouTube program of my favourite Japanese comedian – New York. That’s one of the ups last week.

 

好きなお笑い芸人 – ニューヨークのYouTube番組で僕のビデオが流された。

嬉しいことの一つ。

 


 

My tune this week

Seigen Tokuzawa & Masaki Hayashi – Iambic 9 Poetry

I’ve been listening to the track over and over. Beautiful release, beautiful Squarepusher cover by a Japanese duo.

 

 


 

Japanglish this week

 

 


 

Take care of yourself. 体調に気をつけて。

W23 – february 29th

I caught a concert of Soft Crystals in which my friend plays the bess in the last week of February. It was a small venue, filled by the smell of cigarettes and noise of people talking around. It reminds me of small venues in Tokyo which I used to spend much time with my friends.

February always passes fast, even though we’ve got an extra day this year. I dug into my old external hard drive, in order to find songs I listened to a lot 4 years ago. The songs always give me a different impression as time goes by.

Since I had a little money, I started buying coffee beans at a coffee shop but a super market to treat myself. Ethiopian, this time.

 

DSC08128

二月最終週
友人がベースを弾くSoft Crystalsのライブを観にライブハウスへ行く。
タバコの匂いと人々の会話の音で溢れている会場は東京で友人たちとよく行っていたライブハウスを思い出させる。
久しぶりに生で演奏される音楽を観て、大いにはしゃぐ。

二月はいつも過ぎるのが早い。
今年は一日多いが、それでも。

昔聞いていた音楽を聴きたくなって古い外付けのハードディスクを探る。
四年前にひたすら聞いていた音楽は、聞き直すたびに、違った印象を与えてくれる。

少し余裕が出てきたので久しぶりに珈琲屋でコーヒーの豆を買う。
今回は、エチオピア。

 


 

My tune this week

 

Sara Bareilles – Gravity

 


 

Japanglish this week

 

 


 

Podcastはおやすみです。
また三月に。

W22 – the art of sharing

It’s been 5 months since I moved to Berlin, I’ve found many interesting facts here exploring the city the last 5 months. One thing impressed me a lot it the idea of sharing.

There are many food sharing spots in the city, and one or two in the area I live. The spot is full of bread and vegetables all the time which are still edible yet unsuited to sell. Thanks to the spot, I always have plenty of food for breakfast at home.

People sometimes put their old clothes in boxes in the city, then someone takes the clothes or anything else. I’ve also got 2 pairs of shoes and some clothes so far.

At Futurium, a museum capturing the future lives focusing on technology and resources, exhibits the idea of sharing jobs in order to reduce unemployment, not just the idea of sharing things or food. I saw lots of articles about food waste and sharing in London, but I feel people are even more aware about the topic in Berlin.

One day I found some picture books when I came back home. I didn’t take the books, but I’m sure some parents did so and the stories continue being read in their rooms for their children today.

DSC08126

Berlinに来て5ヶ月、街を見ている中で、印象的なものを沢山見つける。
その中でも印象的なものの一つに、”share”への考え方がある。

僕の家の近くにはフードシェアリングのスポットがあり、そこにはまだ食べられるけど、お店で売れなくなったパンや野菜が毎日並べられている。
そのおかげで僕は、毎朝食べるパンに困ることがない。

使わなくなった衣類も、段ボールに入れて街に置いておけば、必要な人がそれを持っていく。
僕も今まで2足の靴と、いくつかの服を手に入れた。

街の中にあるFuturiumというミュージアムでは、テクノロジーや資源を中心に、未来の生活の形についての展示がされている。
その一画にある食料やモノのシェアへだけでなく、仕事をシェアして失業者を減らすというアイディアも書かれている。
ロンドンにいた時もシェアへの考えは見られたけれど、ベルリンはそれ以上なんじゃないかと感じている。

ある日家に帰ると、マンションの中にいらなくなった絵本が置かれていた。
僕がそれを持ち帰ることはないけれど、子供のいる家庭の人たちはそれを持ち帰り、今日もそのストーリーがまた寝室で読まれるんだろう。

 


 

Podcast this week

 

 

「人生で影響に受けたアーティストって考えると、多分そういう時代(十代)の頃なのかなって」

先週に引き続きベルリンでステージデザインに携わるIsaoくんとのエピソードです。

後半ではIsaoくんが影響を受けた音楽3つについて話を聞いています。
十代の頃にハマった音楽が今に影響を与えているというIsaoくんの選曲。

こどもの頃の話では、現在ステージデザインに携わり、制作の際にコンセプトを大切にするIsaoくんの考えの始まりに触れることができました

The 2nd episode with Isao, who works at a production company in Berlin as a set designer. We had a talk about his music experience. He chose 3 musicians which he was into when he was a teenager. “I’ve been listening to many kinds of music, but if I think about the music which influenced my life, I would choose the musicians I was listening to in my adolescence.”

Isao’s unforgotten tunes

– The Chemical Brothers

 

 

 

 

– U2

 

 

 

– Avici

 

Link
Isao Okubo Instagram
https://www.instagram.com/isaisaokb/

 


 

Japanglish this week

 

21. Emo エモ

 


 

New music video uploaded

 

dusk at home

 


 

My tune this week

 

The sweet cover by rei harakami

 

朝焼けが燃えているので
窓から招き入れると
笑いながら入り込んできて
暗い顔を紅く染める
それで救われる気持ち


 

see you next week.

W21 – InTRoVERt

My friend Steve invited me to his coffee shop for breakfast, then I came there catching up with him. Talking about books we’d been reading and a concert he’s having, and so on for a couple of hours, with a nice breakfast and coffee he offered. Another day my former colleague in Japan visited Berlin, then we met up catching up for a couple of hours and I introduced my friends to her. And another day another friend of mine asked me for a drink then I came there meeting his friends and chatting for a couple of hours.

It had so much fun seeing my friends / new people but I was totally exhausted after a week I then spent at home hardly doing anything for a whole day to recharge myself.

I recognised myself as an extravert, but after watching a YouTube episode explaining the differences between extroverts and introverts, I might admit myself as an introvert. According to the YouTube channel, the main difference between being extrovert and introvert is whether you are with others or spend time your own to recharge yourself. I often feel recharged when I spend a time alone. On the other hand, I also feel tired after spending too much time my own.

Then I was told that “There is another option called Ambivert which you have both characters fifty-fifty”.

Ok, I take it.

 

Carl Jung’s Theory on Introverts, Extraverts, and Ambivert

 

友人のSteveが一緒に朝食を食べようと彼の働いているカフェに誘ってくれる。
まだ明るくなりたての街を、拾ったばかりのランニングシューズを履いて歩き、カフェに向かう。
彼がご馳走してくれた美味しいサンドイッチとコーヒーを飲みながら、最近読んだ本の話、今月ある彼のコンサートの話などをして、二時間あまりを過ごす。
とても良い一日の始まり。

別の日 – 日本で働いていた会社の同僚がベルリンに遊びに来る。
僕らはカフェで待ち合わせ、二時間ほど近況を話し合う。

また別の日 – 友人がビールに誘ってくれる。
僕や彼の友人とまた二時間余りお互いの話をして盛り上がる。

沢山の人と話せて、再会できてとても楽しかった – けれど一週間を終えた頃僕は疲弊していた。
回復するために丸一日、家でほぼ何もしない時間を過ごす。

そんな中おすすめで出てきたYouTubeのビデオを見る。
ビデオの中では、外交的な人と内向的な人の違いについて説明されていた。

主な違いは自分が人といてエネルギーを回復するか、若しくは一人の時間に回復するか。

僕は自分を完全に外交的な人間だと思っていたが、案外内向的な人間なのかもしれない。

でも、一人の時間が長すぎると、外にいる時と同じように疲弊を感じてしまう。
そう考えた時に、言われる。

「Ambivertっていうどっちも半分ずつのキャラクターもあるんだよ」

あ、じゃあそれで。
響きもambientみたいでなんか良い感じだし。

 


 

Podcast this week

 

Isao Okubo (in Japanese) – Set Designer 1/2

 

「国によって光の色って違う – この光はベルリンぽいよなって思ったり」
ロンドン芸術大学でコンテポラリーアート&デザインを専攻し、現在はベルリンでMVなどを作る企業でインターンシップを行なっているIsaoくん。
Berlinで制作に携わりながら生活する中で大切にしていることや、日々の生活の中で得る気づき。日常からの学びを自身のクリエーションにどう活かしたいかなど、色々なことを話してくれています。
Isao studied Contemporary Art and Design at UAL in London, and is now doing an internship as a set designer at a production company in Berlin. As a creator, he learns something new on a daily basis and he explained in what sense he wants to put it into his creation.

Link
Isao Okubo Instagram
https://www.instagram.com/isaisaokb/

 


 

My Tune this week

 

Yasuyoshi Yoshida – Chromatic Chronicle

The Spotify suggestions are too accurate to stop digging music through them.

 


 

Japanglish this week

 

20. Valentine’s Day

 

Even though I didn’t have anything special on Valentine’s Day, it was still nice seeing people with flowers in their hands.

DSC08115


Have a nice week.

W20 – The classics

I’ve still spent much time on reading books and working on research and making documents at home. I started reading classic books while digging Japanese ambient legends. I’ve just finished “The Apology of Socrates”, and am now to start “The Chrysanthemum and the Sword”. I found it difficult to appreciate the main part of Socrates, but it got much more understanding once I reached the part of the explanation by the translator. The music helped me a lot concentrate on reading while I did so.

DSC08071

先週に引き続き沢山の時間を読書に費やしている。

「古典を読んでみよう」と思い立ち、日本の古いアンビエント音楽を探索しながら “ソクラテスの弁明”を読み耽る日々。
初めて古典を手に取る僕にとって、ソクラテスの弁明の本文は難しく、翻訳者の解説のパートに来てやっと読みやすくなった。

やっと一冊読み終わり、これからRuth Benedictの”菊と刀”に入る。
最近読んできた実用書で度々紹介されてきた一冊。楽しみ。

小難しい本を読んでいる最中、流す日本のアンビエントが優しく、大いに助けてくれた。

Kindle
ソクラテスの弁明 / プラトン著, 納富信留訳
菊と刀 / ベネディクト著, 角田安生訳

 


 

My tune this week

 

Satoshi Ashikawa – Still Way

The classic sounds amazing still today.

 

 


 

Podcast this week

 

今週はひとり語りです。

バタバタしていたので歩きながらの録音です。
Berlinの雑踏と一緒に。

Yutaka Hirasakaさんの好意に添え、エピソードの最後に彼の楽曲”a beautiful day”を流しています。

 


 

Have a lovely week.

W19 – a day to February

一月の最終週、僕はBerlinに来た4ヶ月前から、3回目の風邪を引いていた。
寝込んだ三日間の間にKindleの本を巡り、思い立って、大好きだった作家の本を久しぶりに読む。

最近書かれた新しいエッセイも見つける。
十数年前に読んだエッセイには無かった奥さんや息子の存在があり、同じ時を生きて、一緒に歳を重ねているんだな、と感じさせられる。

EncELE. RIEDSC08105

The last week of January, I was sick again. I was randomly picking some books on Kindle in bed, and ended up stuck with rereading my favourite author after 10+ years.

I also found that he’d just published a new essay a couple of years ago. I read his old essay when I was into his books, but there was no wife or kid in it which is in the new essay. That reminds me of that he lives in the same world and time as mine.


The topic this week

The virus in Japan, whereas Brexit in Europe.

Brexit: The UK has officially left the EU – what happens next? [BBC News]

IMG_4449


Podcast this week

Yuri Shimaoka (in Japanese) – Freelance Dancer 2/2

「何か動くものに興味があります – それは心なのかもしれないし、物質なのかもしれないし」

後半ではダンサーのYuriさんの選んでもらった音楽について話を聞いています。
テーマは“私の踊りに影響を与えた音楽”。
バラエティに富んだ選曲にYuriさんのエピソードを交えて。

Yuri chose 3 tracks as “the songs which influenced my performing styles”. The songs are varied from indie-rock to classic, and we had a talk about the tunes with her own stories behind.

– Yuri’s life-changing tunes –

 

Michelle Gurevich – Party Girl

 

Chopin – Nocturn No.21

 

Battles – IPT2

 

– Yuri Shimaoka Website –
https://yuris4248.wixsite.com/yurishim

IMG_4421

 


 

My tune this week

Yutaka Hirasawa – a beautiful day

I was listening to the song again and again with the sound of a heater, while reading the books.

 


 

Japanglish this week

 

19. Super Bowl スーパーボウル

 


 

Be prepared yourself for virus, nevertheless you’re in Japan or not.